Object-S1(white sandy beach)

清水 佳代子

ライトプラン

2,200円(税込)/月額
現在レンタルできません

アーティスト詳細

日記を綴るように描く、色彩豊かなアート。

美術館で出会った1枚の絵をきっかけに制作を開始。試行錯誤して描かれるその心地の良い色彩に癒されて。

- 絵を描くようになったきっかけは?
東京都現代美術館の常設展で辰野 登恵子さんの「UNTITLED 90-14」という無題の大きな抽象画を見たのがきっかけでした。辰野さんの絵は赤と緑の鮮やかな色彩で芋虫のような物体が画面いっぱいに描かれているのですが、それが何を描いているのかも全く分からないまま、ただその鮮やかな色に見惚れて、絵の前に立ち尽くしました。絵ってこんなにも人を癒すことができるんだ‥と。そしてその日は、人生の中でも大きな転...

日記を綴るように描く、色彩豊かなアート。

美術館で出会った1枚の絵をきっかけに制作を開始。試行錯誤して描かれるその心地の良い色彩に癒されて。

- 絵を描くようになったきっかけは?
東京都現代美術館の常設展で辰野 登恵子さんの「UNTITLED 90-14」という無題の大きな抽象画を見たのがきっかけでした。辰野さんの絵は赤と緑の鮮やかな色彩で芋虫のような物体が画面いっぱいに描かれているのですが、それが何を描いているのかも全く分からないまま、ただその鮮やかな色に見惚れて、絵の前に立ち尽くしました。絵ってこんなにも人を癒すことができるんだ‥と。そしてその日は、人生の中でも大きな転機になり、漠然と「自分もいつかこんな抽象画を描けたらなぁ」と思いました。それは当時は絵を描いたこともなく、ただ絵を見ることが大好きだった自分が、自ら描いてみたいという想いに変わった瞬間でした。今は自分がその時感じた幸福感や癒しを、まるで伝染するように、見てくれる人達に届けられたらいいなと思いながら描いています。

- 普段の制作はどのように行なっていますか?
毎日、日記を描くように描いています。描けない日もありますが、そんな日は作品とは別に落書きのようなドローイングを描くようにしています。ドローイングを描くことで、普段の作品のヒントになったり、良い影響を与えている気がします。

- 作品のテーマにしている事は?
私は日記をつけるときに、あった出来事ではなく、その日の気持ちを書いてしまいます。そんな役立たずの日記を、同じように書いては読み返し、その日の出来事を推測したりします。文字はよくよく見ると、力強かったり、弱々しかったり、殴り書きだったり、滲んでいたり。時々星やハートマークも添えられていて、線や形に滲み出た「感情」が、ゆっくりと懐かしく思い起こされます。そんな日常の中で生まれる様々な「感情」を、絵の具で表現したい、絵から何かを感じてもらいたい、と思っています。日記の揺らぐ文字に沁みでた想いを、絵の具の色や形やマチエールで表わせないだろうかと試行錯誤していく中で、色同士が混ざり合い、美しく呼応しだしたとき、言葉では表現し得ない、想い以上の何かが伝わるような気がしています。

続きを読む

作品説明

⚫︎「Object 」シリーズについて

「散歩中にふと目に入る風景に、立ち止まって目を凝らす。雨風に晒された錆ゆくトタンやモルタルの壁、朽ちていく花びらと新しい芽を併せ持つ草花。”見慣れたいつもの風景” に潜む繊細な美しさに、束の間心を奪われる。

佇み目を凝らす自分と、不思議そうに視線の行先をチラリと眺めて通り過ぎゆく人々。誰かに少しだけ足を止めて、そこに存在する物々の、儚げな美しさを見てほしい、できれば一緒に眺めてみたい、分かち合いたいと思った。

この作品は、そんな日常の風景を自分のフィルターを通して再現したものです。何気ない風景が、その人の日常が、ほんの少し色付いて...

⚫︎「Object 」シリーズについて

「散歩中にふと目に入る風景に、立ち止まって目を凝らす。雨風に晒された錆ゆくトタンやモルタルの壁、朽ちていく花びらと新しい芽を併せ持つ草花。”見慣れたいつもの風景” に潜む繊細な美しさに、束の間心を奪われる。

佇み目を凝らす自分と、不思議そうに視線の行先をチラリと眺めて通り過ぎゆく人々。誰かに少しだけ足を止めて、そこに存在する物々の、儚げな美しさを見てほしい、できれば一緒に眺めてみたい、分かち合いたいと思った。

この作品は、そんな日常の風景を自分のフィルターを通して再現したものです。何気ない風景が、その人の日常が、ほんの少し色付いて見えるきっかけになれば嬉しく思います。」

●技法:軽量粘土を型取りしタイル状にしたものを、アクリル絵の具で着彩しパネルに貼り付けています。中央部分の表情は、モデリングペーストに砂状の画材を練り込み、ホワイトの色を調整してからペインティングナイフを使い全体に盛り付けるようにして描いていきます。

続きを読む

詳細情報

作品サイズ
H265×W220[mm]
支持体
パネル
使用画材
アクリル絵具、その他
技法
ミクストメディア

関連するキーワード

  • レンタル期間最低1か月
  • 初回お届け時の送料無料
  • レンタル料金に補償料込み
  • ピン類同梱ですぐに飾れる
よくある質問

プランについて

作品サイズに応じて3つのプランをご用意しています。

ライト
月額
¥2,200
サイズ
2号 (24×19cm)
交換利用料
¥880 /回
レギュラー
月額
¥3,300
サイズ
8号 (41×32cm)
交換利用料
¥1,650 /回
プレミアム
月額
¥5,830
サイズ
12号 (50×60cm)
交換利用料
¥2,750 /回
※ サイズは目安のため作品によって差があります。
ご利用の流れ

ネットで注文

スマホやパソコンから、作品と配送希望日を選んで注文。

お届け

専門業者がご自宅までお届け。絵画フックも同封だからすぐに飾れます。

飾る・鑑賞する

お好きなスペースに飾ってアートをお楽しみください。

交換・返送

通常のお荷物と同じ発送方法でご返却頂けます。

FAQ

よくあるご質問
申込方法を教えて下さい。

下記の3ステップでお申し込み頂けます。
1.レンタルする作品をお選びください。
2.作品ページの「レンタルする」ボタンをを押し、お届け先・お支払い情報を登録してください。
3.配送希望日を選択し、注文ボタンを押してお申し込み完了です。

レンタル期間は選べますか?

1ヶ月単位からのご契約となり、2ヶ月目以降は自動更新となります。
交換・解約はマイページから申請をお願い致します。

配送料はかかりますか?

初回は無料でお届けします。
2ヶ月目以降は交換される場合のみ交換利用料が申請時に課金されます。(すべて税込)
ライト:880円
レギュラー:1,650円
プレミアム:2,750円

絵の購入は可能ですか?

もちろんです。カスタマーサポートにお問い合わせ頂ければ、販売金額をお伝えさせていただきます。ご新規のお客様でも購入可能です。

レンタル中に絵画を破損・汚損させたら、弁償が必要ですか?

いいえ。
お客様のお手元で作品の破損や汚損があった場合でも、一切お客様に弁済を求めるようなことはしません。
レンタルできるすべての作品に、あらかじめ絵画保険が適用されています。

交換タイミングはいつですか?

作品が到着してから最短で30日後に交換可能です。
前もって交換の予約もできます。交換タイミングはマイページでご確認いただけます。
お客様の多くは季節の変わり目で3ヶ月単位で交換されています。

作品はどのように届きますか?

緩衝材で梱包し専用の箱にお入れして、宅配便でお届けします。
返送時にもご利用いただきますので、お手数ですが、緩衝材や専用の箱は捨てずに保管をお願い致します。

解約したい時はどうしたらいいですか?

マイページ→プランの停止からご自身でお手続きをお願い致します。
プラン停止を受け付けた月で解約可能です。
契約は1ヶ月単位ですので、その月までのご利用料金は発生します。
レンタル中の作品については、契約満了日から1週間以内にご返送お願い致します。

OUR SERVICE

Casieの楽しみ方

アートの楽しみ方は無限大

アートがもっと楽しくなるマガジン「FUMUFUMU」を、隔月でお届けします。 アーティストの制作や思考に迫るインタビューや、キュレーション企画、アート情報まで。18ページにわたり、アートのある暮らしをもっと豊かにするアイデアをお楽しみいただけます。

気分に合わせてアートを交換

絵の交換はサブスクならではの楽しみ方です。 交換は最短で毎月行うことができ、 季節や気分に合わせて自分の好きなタイミングで絵を着せ替えることで、 常に新鮮な気持ちでアートを楽しむことができます。 交換はマイページで申請いただけます。

気に入った作品は購入も可能

手放したくないアートに出会ったら購入も可能です。 カスタマーサポートにお問い合わせ頂ければ、販売金額をお伝えさせていただきます。 購入前のお試しとしてもご活用ください。