絵を眺めながら常連さんと気付いたら観賞会をやってしまいます。

2019.10.10 | 導入事例・インタビュー 飲食店/バーのご利用事例

月の下
業種:飲食(BAR)
飾っている場所:カウンター横

香川県丸亀市にあるプライベートなBAR「月の下」さん。
オーナーの岡林さんにサービス導入後の効果や
率直な感想をお伺いしました。

   絵画導入事例 絵画導入事例

 絵が変わるのを常連さんが楽しみにしてくれている

− サービスを導入されてみての率直な感想を聞かせてください。

岡林さん:うちの店はありがたいことに常連さんが多くて、その常連さんはやっぱり絵が変わっているのに気づいてくれます。「あっ、絵が変わってるね〜」って何気ない一言から話が広がっています。
何人かの常連さんは、絵が変わることを楽しみにしてくれているので、こちらのサービスを利用してよかったなって感じています。

− Casieの作品選定についてはどうでしょう?ご満足いただけいますでしょうか?

岡林さん:自分で作品を選ぶとどうしても偏りができると思うんですよね。だからあえて完全にお任せにして、第三者の感性を取り入れてみた方が面白いかなって。だから今もCasieさんに作品選定はお任せしています。
たまにタイプじゃない作品が届くこともあるんだけど、でもそれもまた面白い。お客さんと「前の方が良かった」とか。そういう会話を勝手にさせてもらっていますよ。

同梱物イメージ 同梱物イメージ

 同封されてるアーティストさんの情報をお客さんと共有して楽しんでいる

岡林さん:絵と一緒に、その絵を実際に描いた作家さんの情報が同封されているじゃないですか。
それをお客さんと一緒に「こういう作家さんが描いてるんだって」ってじっくり拝見しています。こういうのも珍しいことだと思うんですよ。

お店をはじめてからもう15年が経つので、常連さんとはほとんどお互いのこと知り尽くしているというか。だから新しい会話のネタってそうそう出てこないんですよ。

そこにこの絵のことだったり、それを描いてる作家さんのストーリーとかを読みながら新しい会話が生まれている。こちらとしても実は助かっている部分があります。

− それは作家のみんなもきっと喜んでくれます。実際にお客さんと絵についてどんな会話をされるのですか?

岡林さん:うちのお店にはあえて具象化された作品ではなく抽象画を届けてもらうようにお願いしています。お客さんと絵を見ながら「これ何に見える?」ってお互いの見え方の違いを楽しんでますね。

昔、どこか旅行に行った時に見た風景と似てる気がするんだよな〜。あれ!?どこだっけな〜」という感じでどんどん会話が広がってます。

− おお!いいですね。それって絵画ファシリテーション会って言います。

岡林さん:ああ、そうなんですね。初めて知りましたが知らず知らずの間にお客さんとそれをやって楽しんでいました。

− 岡林さん、素敵な体験レビューをありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。

プラン・料金を知りたい 資料をダウンロードする
他の導入事例1

定期的にアートを交換できるから院内に淀みが生まれない。フレッシュな空気感を作れている。(丸山歯科クリニック様)

とても居心地の良い歯科クリニックさん。サービス導入後の効果などを伺いました。… read more →

他の導入事例2

野菜は季節によって色の変化がある。アートはそれを更に引き立ててくれる、なくてはならない存在。(八百屋ダエン 玉田様)

大分県で話題になっているおしゃれな八百屋さん。サービスの導入効果について伺いました。… read more →

他の導入事例3

オフィスにアートを飾ってると、シンプルにカッコいい。交換で新しい作品が届くのを社員全員で楽しみにしている。(株式会社エイトライン 杉本様)

もう2年以上継続してご利用いただいているユーザー様。新しいオフィスにも引き続き飾っていただきました。… read more →

お問い合わせはこちら

050 - 5437 - 6142

受付時間:平日10:00 - 18:00

support@casie.jp

受付時間:24時間

株式会社Casie
〒601-8034
京都府京都市南区東九条南河辺町65-1
美術品商 京都府公安委員会許可 第611271830002