Yuko Lion's Profile

京都府生まれ。芸術高等学校卒業。京菓子処鼓月での勤務を経て、東京新宿の東洋美術学校へ入学の手続きをしていたが、3.11東日本大震災があった影響で地元京都へ。その後、祇園のホステスをしながら昼間は作品制作を行い、グループ展の開催や依頼の肖像画を描くなど活動を広げる。2018年1月26日にホステスを辞め、画家として本格的に活動をスタートした。

影響を受けた人物:小学生時代の担任の先生
Instagram:https://www.instagram.com/yukotakahara/

美術系高校で技術を学んだという優子さん。彼女が芸術に目覚めたきっかけは何なのだろうか。

優子「 自分がすごくやんちゃな子供だったので母からいつも『アレはダメ、コレはダメ!』と言われていたのですが、そんな母がある日、カレンダーの裏紙をくれて『何してもいいよ』と言ってくれたんです。それがすごく嬉しくて元々絵を描くのはすごく好きだったのですが、より好きになりましたね」

深海のように吸い込まれる作品が多い彼女の作品にはテーマなどはあるのだろうか。

優子「 テーマは正直難しいですね。自分が女性ということもあり、女性という存在に惹かれているんです。作品を作る上で女性という存在はテーマの根底にありますね」

ー女性のどのような所に惹かれているのですか?

優子「 中学生の頃に産婦人科に見学に行く機会があって、その時聞いた助産師さんの話が印象に残ってるんです。月の満ち欠けや月経の周期、妊婦さんがお腹に子供を宿している十月十日の話がすごく興味深くて、その時から生命を生み出す女性という存在に惹かれてましたね」

「最後の先」優子lion

女性という存在がテーマの大前提にあるという優子さん。作品に込められている思いをさらに深堀してみた。

優子「 今まで生きてきて分岐点だと感じる所ってたくさんあるじゃないですか。選択したからこと今の自分は存在しているけど選択しなかった自分は存在していないし会うことはできない。私の作品ではそんな存在しないからこそ可能性に満ちた世界を女性という存在に絡めて表現していると思います」

―選択しなかった存在しない世界の方に可能性が満ちているとは難しいですね。

優子「 『人生は可能性に満ちてる』ってよく言うじゃないですか、私はそうは思わなくて、不可能性に満ちていると思うんですよね。選択してるってことは1つの道を選んで進んでるのであって選択していない道はたくさんの選択肢と可能性を秘めていると思うんです。女性の身体は毎月、妊娠に備えて月経がありますよね。身体は精子がやってくるのを淡々と待っているのに交わることのなかった卵子は時が来ると外に排出される。選択次第では生命の誕生に繋がっていたかもしれない卵子が外界に出されて命の元はどこに流れていくのだろうとかも考えたりしますね。答えはないのかもしれませんね」

「期待」優子lion

青を基調としたブルーアートが印象的な彼女の作品だが数ある色彩の中から「青」を選ぶその理由は何なのだろうか。

優子「単純に青が好きなんですよね。青を使うと自分自身が落ち着くんです」

―なるほど。絵画以外にも制作活動をなさっているとお伺いしましたがどのような制作をされているんですか?

優子「 陶芸を使ってオブジェを作成しています。絵画の世界観をもっと違った角度で感じてもらいたいと思っていて、絵画の世界観を投影したオブジェと絵画をリンクさせた展示をしてみたいですね 」

独自の方法で作品をより魅力的に見せる優子さん。そんな彼女にこれからどのような制作活動をしていきたいのか聞いてみた。

優子「 目で見るだけではなく空間で作品の世界観を感じてもらいたいと思っていて、アロマの香りやクラシック音楽と作品を調和させて作品を見てもらう人に落ち着いた気持ちになってもらえるような展示をしたいなと考えています」

絵画レンタルならcasieへ,日本初月額定額制絵画レンタルサービスCasie(カシエ)

会社名株式会社casie
住所〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/
おすすめの記事