今回は法人として絵画レンタルをご利用頂いている企業様のカスタマーボイスをご紹介させて頂きます。
(名前は出さないで、との事なのでS社としますね。)

S社の業種は主にサービス付き高齢者住宅(以降、サ高住)を管理する物件管理会社です。

サ高住とは?

要介護高齢者が多く入居する有料老人ホームと異なり、主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護高齢者を受け入れています。日中は生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援サービスを受けることができます。

(LIFULL介護より引用)

絵画レンタルを導入するに至ったキッカケや、導入後の効果についてインタビューさせて頂きました。

「時間」と「空間」の変化を意識した施設管理

本日のインタビュアー casie創業者の清水
kosuke
本日はインタビューにご協力頂きありがとうございます。
絵画レンタルを導入するに至ったキッカケや、
導入後の効果などお聞きできればと思っております。
よろしくお願いいたします。
S社様
よろしくお願いします。
kosuke
まずは絵画をレンタルするに至ったキッカケを教えてください。
S社様
弊社の管理物件では、
階によってカーペットや照明の色合いを“わざと”変えています。
狙いは、「認知症予防」です。
入居者様に小さな変化に敏感になって欲しいと思っています。
kosuke
そんな工夫があったとは・・・
S社様
中でも「時間」と「空間」の変化を重要視しています。
そこでよく使われるのはお花で
弊社の管理物件でも飾っていますが、
お花はありきたりで、
どこか独自性がないように感じていました。
kosuke
それで絵画を検討された訳ですね!
S社様
そうです。
入居者様はご高齢のため
「絵画に興味のある人も多いのでは?」と考えました。
ただ、絵画に関する知識がなく、
まずは費用から調べようと検索していた時に
casieの絵画レンタルを見つけました。

絵画の毎月交換が大きなメリット

kosuke
絵画レンタル導入の決め手は何でしたか?
S社様
ズバリ、「絵画交換」です!
毎月1回交換できる事は
まさに空間の変化をつけるにはピッタリだと感じました。
同時に季節の絵画を飾る事で、
時間の変化も感じることができるなぁと。
kosuke
確かにピッタリですね!
レンタル料金についてはいかがでしたか?
S社様
月額5,300円は高いとは感じませんでした。
ただ、、、、
今だから言えますが、
最初の数ヶ月はかなり様子を見ていましたよ。笑
kosuke
そうだったんですか!!!!
全然気づかなかった・・・

頼まれごと以外での会話のキッカケが生まれて嬉しい

kosuke
実際レンタルをしてみていかがでしたか?
S社様
検討時に考えていた通り、
入居者様は絵画の変化に気づき、
毎月の交換を心待ちにしてくれています。
kosuke
私も何度か施設を絵画をお届けしましたが、
みなさん集まって来られてビックリしました!
S社様
それに意外な効果がありました!
kosuke
教えてください!!
S社様
絵画を飾る前と後では、
明らかにコミュニケーション量が増えました。
入居者様同士で絵画の前に集まって話されている光景も
頻繁に見るようになりました。
kosuke
(絵画を中心としたコミュニケーション、、、素敵だ。)
S社様
また、施設の受付コンシェルジュも
「頼まれごと以外での会話のキッカケが生まれて嬉しい」
「無理なく入居者様と話ができる」
などかなり満足度は高いですね。
kosuke
嬉し過ぎます!!!
やる気が出てきました!笑
受付スペースに絵画を飾っている

絵画レンタルほどコスパが良いものはない?

kosuke
最近完成した管理物件では
絵画を飾るスペースを設計段階で作って頂いてますよね。
S社様
そうなんです!
今では変化を感じさせるのに、
絵画レンタルほどコスパの良いものはないのでは?
とさえ考えている程です。
kosuke
それは流石に言い過ぎでは(笑)
S社様
カーペットや照明など内装を変更する事を考えれば
圧倒的に安いですよ!
お花にはない目新しさもありますし。
kosuke
(なんか恥ずかしくなってきた)
S社様
カーペットや照明など内装を変更する事を考えれば
圧倒的に安いですよ!
お花にはない目新しさもありますし。
サ高住 絵画 レンタル

ということで、サ高住の物件管理会社であるS社様のカスタマーボイスでした。
直接聞かなければ知ることのできない貴重なお声をたくさん学ぶことができました。

「絵画を中心としたコミュニケーション」のお話がとても印象的で、
もっとたくさんの方に絵画をお届けしたいと改めて決意させてくれました。
S社様、ご協力ありがとうございました。

絵画 飾り方 
casie公式WEBサイトはコチラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事