アートは生活必需品ではないけれど、
アートと暮らす人だけが知っている、特別な「発見」や「楽しみ」があるはず。

この記事では、さまざまな「わたしとCasie」のカタチを紹介していきます。

第1回目は、宮城いくえさん。
フリーランスのインテリアコーディネーター、フォトグラファー、ライターとしてマルチに活躍する彼女は、Casieを利用して5ヶ月目。はじめて借りたアートが、大のお気に入りとなり、今も同じ作品を飾り続けています。

宮城いくえさんとCasie。インテリアや写真のプロならではの、アートの選び方や、撮影方法も必見です。

アートを飾るのは「はじめて」だった

私の初アートはCasieでした。
それまでは、お部屋にアートを飾ったことも無ければ、美術館やギャラリーに行くこともほとんどなくて。アートに触れる機会といえば、旅先でたまに訪れる美術館くらい。

けれど、元々インテリアの仕事をしていたこともあって、「お部屋にアートを取り入れてみたいな」という興味は常に持っていました。でも、アートって難しいイメージがあったし、どう選べばいいのかも分からないので、ずっと踏み出せないままだったんです。

自宅での仕事がはかどる、過ごしやすい空間

パソコンを使って仕事をすることが多く、自宅で過ごす時間が長いので、過ごしやすい空間づくりには、かなりこだわっています。

以前は、都内に住んでいたのですが、もう少し広いお家に住みたいなと思って、都内から少し離れたこの「リノベーション団地」へお引越し。元々社宅の団地だったところを、リノベーションして貸し出しているので、外から見ると普通の団地なのに、中はすごくおしゃれ。そのギャップもお気に入りです。

お部屋のインテリアを組む時、1番最初に決めたのが「ピンクのソファ」。

このソファを軸に、お部屋をコーディネートしていきました。甘くなりすぎないように、他の部屋には、あえてワイルドなテーブルを置いてみたり。好きなアイテムを取り入れつつ、うまく調和していくのが私のこだわりです。

ソファの色に合わせて、ピンクのアートを

Casieを始めるきっかけになったのは、Twitterでいただいたモニターのお誘い。元々気になっていたので、すごく嬉しかったのを覚えています。とはいえ、アートを飾るのは初めての経験。始める前は、正直不安な気持ちもありました。

そんな中、すごく素敵だなと思ったのが、お話したCasieの方が使っていた「アートがお出かけする」という表現!

アーティストさんから作品をお預かりして、お客さんにお届けする、アートのサブスクならではの言葉に、なんだかワクワクしました。

まずは、作品一覧を開いて、好みの作品に「お気に入り」をしてみることからスタート。

すると、お気に入りリストにたくさんの作品がリストアップされました。

リストを眺めてみるも、「んー、やっぱり私の部屋にしっくり来ないかも」と思って、お部屋にあるものと色味を合わせてみることに。

リビングに置いてあるピンクのソファに合わせて、「ピンク」の色味で絞り込みをしてみると、すぐに私好みのアートを発見しました。

Destruction & construction / 清水 佳代子

清水 佳代子さんの「Destruction & construction」。原画ならではの凹凸を感じられるし、壁に飾る時にライトアップすると、いい感じに影も出そう!

玄関からリビングへ、イメージチェンジを楽しむ

届いたアートはイメージ通り。選んで正解でした!

原画を手にするのは初めてだったので、「実物はこうなっているんだ」「凹凸がすごいなぁ」とキャンバスの裏まで、くまなくチェック(笑)。

作品の裏面やキャンバスの隅々まで見ることって、なかなかないですよね。改めて、人の手によって作られた作品なんだなぁと実感。

まずは、いつも目に触れる場所がいいなと思って、玄関に飾ってみました。

照明は備え付けのものではなく、IKEAのウォールライトを使って照らすと、より華やかな印象になっていい感じ。私が帰ってくると「おかえり〜」と迎えてくれる感じがして、なんだかほっこりした気持ちになります。

レンタルしてからしばらく経った日には、アートをリビングに移動してみました。

今度は壁掛けじゃなくて、立て掛けスタイルで。玄関に飾っていた時とは、ガラリとイメージが変わりました。元々このアートを選ぶきっかけになったピンクのソファともベストマッチ。ブルーの壁にも映えていて、お気に入りです。

今はこの場所から動かしたくない気持ちと、新しい場所に移動してみたい気持ちで、葛藤しています(笑)。

アートの撮り方は、コツさえ掴めば簡単!

届いたアートは、すぐにSNSで、みんなにシェア!

せっかくならこの「原画感」を伝えたいので、斜めからも撮影してみました。

すると、表面の凹凸が見えていい感じに。

お家全体を片付けて撮影となると、なかなか時間がかかるので(笑)、あえてヨリで撮るのも1つのテクニックです。全体を写さずに、見切れた写真も意外とカッコいいですよね。撮った写真を、後からトリミングしたり加工するのも◎。

仕事柄、お部屋で撮影をすることが多いのですが、そんな時にもアートがお役立ちです。

アートなしver.
アートありver.

手に持って商品や食べ物を撮影する時、背景にアートがあるとすごくオシャレにきまるんです。ぼんやりとした写り込みですが、あるのとないのとでは、背景の締まり具合が全然違う!

アーティストと交流ができるのも、Casieならでは

届いたアートには、アーティストさんのプロフィールが同梱されているので、それを読むのも1つの楽しみ。

今飾っている作品のアーティストさんとは、Twitterでメンションしたことをきっかけに、相互フォローで繋がっているのですが、Casieのアーティストさんって、本当に優しい方ばかり!

私自身が運営するメディアのTwitterでCasieさんのことをツイートしたらリアクションしてくれたり、アーティストさんたちのサービスに対する「ラブ」を感じて、すごくほっこりしています(笑)。

こういった繋がりも、Casieならではの楽しみですね。

お気に入りすぎて、交換できないのが悩み

アートを交換できるのも、Casieの魅力の1つだと思うのですが、実はまだ未経験。今のアートに愛着が湧いてしまって(笑)。

なので「このアートにはお嫁に来てもらって、新たなアートをレンタルでお迎えしようかな?」なんて、悩み中です。

新しいアートをレンタルするとしたら、ピンク以外の色味がいいかな。元々飾っていた玄関のスペースが寂しく感じるので、玄関のスペースに合わせてサイズや色味を選ぶのも楽しいかも。

(日々こんな感じで、お気に入りリストに追加しながら悩み中…)

家具を選ぶ時も一緒ですが、高額なものを一発で購入するのは、なかなか勇気がいること。なので、サブスクで一度家に飾ってみて、しっくりくれば購入する、という流れが私の理想です。





アートはすでに、お部屋のインテリアに欠かせない存在。Casieを利用してからは、アートに対する考えも、変わってきたような気がします。

アートを楽しむには、ギャラリーや美術館に行かなくちゃいけないものだと思っていたけれど、そうじゃなくて、お家でも十分に楽しめる。

私が好きなインテリアと同じように、暮らしの一部として、自由にコーディネートしていきたいです。



今回「わたしとCasie」をお話いただいたのは、宮城いくえさんでした。
ご協力ありがとうございました!

Twitter
Instagram
運営メディア「nice and warm」

公式LINEでアートのある暮らしについて配信中

Casie公式LINEでは、最新のインタビュー記事のほか、アートのある暮らしにまつわる情報を配信中!
友達登録してチェックしてみよう。

【取材元】
株式会社Casie
WEBサイト:https://casie.jp/