Ryuya Okamoto's Profile

工業高校を卒業後就職。その間も絵を描いたり漫画を読んだりすることが多く、その中で友人や他のアーティストの姿に刺激を受け、自身も表現する側になろうと決意。仕事をやめ美術の専門学校に通う。思わず見入ってしまう独特な世界観の作品に注目が集まるアーティストである。
Instagram:https://www.instagram.com/edonanai/

芸術家には、自身の感情を作品にぶつけるという人がきっと多いと思う。けれど、岡本さんの場合はそうではない。

岡本「僕の場合、絵は感情をぶつけるものというよりも、それよりも見た人がどう思うかってことが重要だと思っているんです」

独特の世界観で描く岡本さんの作品は、大胆かつ情緒的な表現が光る。一度観れば記憶に残る作品ばかりだ。いい意味で「違和感」や「不安」な要素を感じて、その先の「物語」を想像してみたくなる。

岡本「ん?って引っかかることだったり、言葉だったり、ふと見つけて感動した瞬間を絵にすることが多いですね。言葉で説明できないから絵にしている部分もあります。自分とは違う生き方だったり、自分にはできない生き方をしている生き物とかにも惹かれて、描きたくなることが多いですね」

現在は、仕事をしつつ作品を描く岡本さんだが、過去には一度、仕事をやめ美術の専門学校に通った経験も。

岡本「その頃は、常に絵のことだけを考えていましたね。自分は周りと同じ努力じゃダメだと思って、かなりストイックな感じでした」

そんな時期を経て現在の岡本さんがある。

岡本「絵だけで食べていきたいとは思ってないんです。そもそも食べていける人は少ないとは思うけれど、こんな絵を描いてとかだったり、絵を仕事にすることで自由に描くことができなくなるかもしれない。せっかく自由になりたくて絵を描いているのに、不自由になってしまう」

だからこそ、仕事は仕事、絵は絵と、分けて考えているという。なんだかすごく岡本さんらしい。
今後は自身が仕事で身につけた機械的な技術を活かして、立体作品も作ってみたいと話す。
”岡本さんだからこそ作ることができる”そんな作品が今後もたくさん生まれていきそうだ。

絵画レンタルならcasieへ,日本初月額定額制絵画レンタルサービスCasie(カシエ)

会社名株式会社casie
住所〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事