応接間の絵画、ずっと飾りっぱなしになっていませんか?
すでに景色と同化してしまっていて、「どんな絵画か思い出せない」なんて方もいるかもしれません。
そこで今回は気軽に応接間の絵画を入れ替えする方法をお伝えします。定期的に絵画を交換することで、常に新鮮な状態を保つことができ景色と同化するなんてこともありません。
もちろん、それぞれ会社にはインテリアに対する予算が存在すると思いますので、予算内でおさまる方法をご紹介させて頂きます。総務部、事務の方もご安心して読み進めてくださいね。

こんな方にオススメの記事です
  • 先代の社長が選んだ絵画がずっと応接間に飾ってあるのでそろそろ入れ替えをしたい
  • 応接間に絵画を飾りたいけど、絵画の選び方や買い方がわからない
  • 上司に「絵画の入れ替えにかかる費用を調べて」と言われている
  • 応接間の絵画をできるだけ安くを入れ替えしたい、飾りたい

なぜ応接間にこだわる必要があるのか?

応接間は会社にとって非常に重要な場所です。
初めてあなたのオフィスと訪れる取引先などのお客様にとっては、応接間の雰囲気がそのまま会社の雰囲気だと感じるものです。 一度考えてみましょう。

「机・ソファだけが置かれた応接間」と「照明や小物などまで洗練された応接間」
どちらが良い印象を与えるでしょうか?

応接間 アート 絵画
絵画がある応接間の方が明るい印象を与える

もちろん後者です。
応接間を洗練された空間にしておくことは、取引先やお客様との関係性をプラスに働かせることになるのです。

応接間にあった絵画の選び方

ひとえに応接間と言っても、昔ながらの重厚な応接間もあれば、スタイリッシュでオシャレな応接間もあるででしょう。絵画を飾るならその空間にあったものを飾る必要があります。
ここでは応接間にあった絵画の選び方をいくつかご紹介させて頂きます。

●絵画のジャンルから選ぶ

絵画を選ぶ上で代表的なジャンルを把握しておくことはプラスに働きます。
ここでは4つのジャンルをご紹介させて頂きます。

風景画

応接間 絵画 アート 風景画
pointilliste/加藤瞭

昔ながらの応接間であれば、風景画が飾られている事が多くあります。
風景画とは、風景を描いた絵画のことで富士山の絵画などをイメージして頂ければと思います。
風景画は、季節感を切り取った作品が多いことから四季に応じて絵画を交換することで応接間でも直接的に季節感を演出することができるメリットがあります。

抽象画

応接間 絵画 アート 抽象画
Pink and blue/杉山甫

抽象画は、具体的な対象を描かない絵画のことで、こちらは比較的オシャレな応接間などで飾れるケースが多いようです。抽象画は一見難しい印象があると思いますが、画家がどんな想いで描いたのか、など想いを馳せることで想像力や表現力などの完成が磨かれます。

人物画・動物画

応接間 アート 絵画 人物画
森の住人/Nobuko Hanamura
応接間 絵画 アート 動物画
ニシキゴイ〜双〜/スズキハル

人物画・動物画は読んで字のごとく、人物や動物が描かれた絵画です。
よりリアルに描かれているものから、チャーミングに可愛く描かれているものなどジャンルの中にも様々な画風があります。人物画・動物画は比較的インパクトのあるものが多いため、存在感のある絵画を応接間に飾りたい場合はおすすめです。

絵画のサイズから選ぶ

応接間の空間にあった絵画を選ぶ上では、絵画のサイズ感は非常に重要です。
絵画となると難しく考えがちですが、ファッションやインテリアと同様にその空間にあったサイズ感があるものです。今回は場所別のオススメ号数をご紹介します。

※一般的に絵画のサイズは「10号」のように号数表記されます。

●机の上にチョコっと置きたい

応接間 アート 絵画 ライト

壁掛けではなく、応接間の机の上に小さめの絵画を置きたい場合は、0号(18cmx14cm)〜3号(27.3cmx22cm)サイズがオススメです。
すでにお花を花瓶に入れて飾っている場合は、並べて飾るとよりオシャレさが際立つかもしれません。

●他のオフィスインテリアと馴染ませたい

応接間 絵画 アート レギュラー

応接間に本棚や時計など様々なインテリアが存在しており、それらの馴染む形で絵画を飾りたい方は、6号(41cmx31.8cm)〜15号(65.2cmx53cm)サイズがオススメです。
これらのサイズ感であれば、現在の応接間の配置を変更する事なしに取り入れられる可能性が高いでしょう。

●応接間で最も絵画を目立たせたい

応接間 絵画 アート プレミアム

応接間で一番絵画を目立たせたい方は、30号(91cmx72.7cm)以上の絵画がおすすめです。
特に50号(116.7cmx91cm)を超える絵画となれば、飾る前に応接間を少し模様替えする必要が出てくるかもしれませんが、扉を開けた際に目に飛び込んでくるインパクトは相当なものです。お客様から絵画について質問が来る、なんて事も頻繁にあるでしょう。

予算から選ぶ

絵画を手に入れる方法は大きく2つあります。
応接間に飾る絵画は複製画やポスターではなく「原画」がオススメですから、今回は原画の手に入れ方をご紹介します。

※原画とは複製されていない世界に1枚しかない元の絵画を指します。

●原画を購入する場合

原画を購入するには、お近くの画廊や展示会などに足を運ぶ事が一般的です。
一概には言えませんが、「号数×1万円」が販売価格になる場合が多いと言われています。つまり、10号サイズの絵画なら10万円が販売価格になります。
絵画購入に対して多くの予算が割り当てられている企業以外は、中々手が出しにくい価格とも言えます。

●原画をレンタルする場合

原画をレンタルできることをご存じでしょうか?
「絵画レンタル」や「アートレンタル」と呼ばれるサービスですが、応接間に絵画を飾る場合はアートレンタルが非常にオススメです。詳しくは後ほど解説させて頂きますが、月額1,980円〜5,300円程度で上質でオシャレな絵画を応接間に飾る事が可能のため、予算も抑えられコスパが非常に良いと言えるでしょう。

応接間の絵画こそアートレンタルを利用しよう

アートレンタルほど応接間の絵画にピッタリのものはありません。
ここでは代表的な3つの理由を解説させて頂きます。

●予算が抑えられる

絵画(原画)を購入するには安くても1枚あたり数万円はかかるものです。
企業としてはできるだけ予算を抑えたいにも関わらず、この値段はかなり高いと言えるでしょう。
特にアートに精通している人でなければ、本当にそれだけの価値がある絵画なのかなど値付けの根拠がわからず一歩踏み出せない方も多いかと思います。
しかし、月額制アートレンタルサービスを提供している「casie(かしえ)」なら、最安で月額1,980円からアートを取り入れる事ができます。

原画のサイズに応じて月額料金が変わる

casie(かしえ)のアートレンタルサービスは原画を1ヶ月単位でレンタルできるサービスです。
サイズに応じて3つのプランが用意されております。

月額制絵画レンタルcasieのプラン

上述の「絵画のサイズから選ぶ」にプランを適応させると以下のようになります。

●机の上にチョコっと置きたい → ライトプラン
●他のオフィスインテリアと馴染ませたい → レギュラープラン
●応接間で最も絵画を目立たせたい → プレミアムプラン

▼プランの詳細はコチラ
https://casie.jp/plan

●絵画が交換できる

季節や気分に応じて絵画を交換できる事がアートレンタル最大のメリットと言えるでしょう。
交換することで絵画が景色と同化することなく、常に新鮮な状態に保つことができます。
定期的にあなたのオフィスに訪れる人にとっても、定期的に絵画が変わることで一つに楽しみに変わるかもしれませんし、話のタネにもなるでしょう。
また、絵画には空間をオシャレにする以外に、想像力や表現力など感性を豊かにする効果があると言われています。実際、最近では「経営とアート」をテーマにした書籍がベストセラーになるなど、ビジネスにもアートがプラスの効果がある事が認められ始めています。絵画を定期的に交換する事で、これらの効果も最大限になるでしょう。

●アートの知識がなくても安心

上述したようにレンタルなら交換が可能なため、購入と違い失敗というリスクがありません。
そのため毎回違うジャンルの絵画を飾るなどチャレンジングな絵画の選び方が可能になります。
また、casie(かしえ)のアートレンタルサービスなら気に入った作品をそのまま購入することも可能なため、レンタルでまずはお試しをするという利用方法も可能です。

アートレンタルに関するよくある質問

応接間 アート 絵画 飾り方
複数枚飾ると更にインパクト抜群

最後にアートレンタルを検討する上でよくあるご質問をご紹介します。

Q.作品は指定できますか?
A.もちろんです。以下の作品一覧ページをご覧ください。なお、すでにレンタル中の作品の場合は、返却があり次第ご連絡させていただく流れとなります。
<作品一覧ページ>https://casie.jp/artlist


Q.支払い方法は?
A.クレジットカードか銀行振込となります。


Q.送料はどうなりますか?
A.プラン料金に含まれているため追加でのご請求はございませんが、交換時のみ交換送料を頂きます。


Q.飾り方がわかりません。
A.レンタル絵画と一緒に飾り方を解説したご利用ガイドと絵画フックを一緒にお届けさせて頂きますのでご安心ください。以下からもご利用ガイドの一部をご覧いただけます。
<初めてのご利用ガイド>https://casie.jp/guide


Q.返却方法は?
A.レンタル絵画をお届けする際に返却用の着払い伝票を同封させて頂きます。保管して頂いた箱とそちらの伝票を使ってご返却をお願いします。

応接間にアートレンタルを取り入れよう

いかがでしょうか?
応接間とアートレンタルの相性はバッチリです。
「応接間の絵画を交換したい」「応接間に絵画を飾りたい」そんな方はぜひアートレンタルをご検討くださいね。詳細を知りたい方は以下の画像をクリックしてみてください。

casie カシエ 絵画 アート レンタル
casie公式WEBサイトはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事