Nobuko Hanamura's Profile

山口県在住。幼い頃から絵を描くことが好きだった。その中でも少女漫画を特に好んでいたことから、漫画雑誌に作品を投稿した経験も。「別冊フレンド」で賞を受賞し担当者がつくほどの実力だったが、自身のやりたいこととの違いから漫画家としての道には進まず。その後はファッションアートを主に、雑誌やイメージイラストなど多岐にわたり活躍。マサモードアカデミーオブアート卒業。MJイラストレーションズ在学中。
Instagram:https://www.instagram.com/hanamuranobuko/

花村さんのアートとの出会いは「少女漫画」だった。女性なら誰もが知っているであろう「りぼん」や「マーガレット」「別冊フレンド」。

実は花村さん、少女漫画雑誌で賞を受賞するほどの実力で、担当者がついていたことも。しかし当時はやりたいこととの違いなどから、漫画家としての道へ進まなかったという。そんな花村さんが現在描くのは、美しい色使いの「ファッションアート」。

どこか懐かしく女性の憧れが詰まった世界観には「少女漫画」の面影を感じる。

世代を問わず人気のある花村さん、Instagramやウェブサイトはもちろん、個展やグループ展、雑誌への掲載など幅広く活躍している。その中でもとても興味深かったのが「20分間で描くイメージイラスト」。似顔絵とは違った、その人の印象だけで描く人物画は、その美しい色使いとビジュアルで、女性を中心に支持を得ているそう。

▲「20分で描くイメージイラスト」

花村「絵を描くときに意識しているのは、あまりに作家の感情が乗りすぎて、観る人が絵に追い詰められないようにすることです」

どこかに隙や逃げ場を作ることが、花村さんのルール。そんな程よく隙のある作品が、観る人の想像力を掻き立て揺さぶる。

花村「個展に来てくれたお客様が、”感動した”、”涙が出そう”と言ってくれたり、私の作品を観る人の後ろ姿を見ていると、私ではない私の分身がその方に感動を与えられているんだと、とても嬉しくなりますね。絵は観てもらってなんぼ!」

懐かしい感覚だったり、美しい思い出だったり、今感じたことだったり、何でもいい。何か気持ちを重ねて、ずっと近くに置いておきたい。そんなアートである。

絵画レンタルならcasieへ,日本初月額定額制絵画レンタルサービスCasie(カシエ)

会社名株式会社casie
住所〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事