何気なく好んで読んでいる雑誌には密かに自分の好みが表われているはず。

今回の記事では、あらゆる雑誌のテイストに合わせて「この雑誌を読む人はこんな絵画を選ぶよね?」なんて想像しながら、Casieの絵画を選んでみました。

今回チョイスした雑誌はCasaです!
ではみていきましょう。

Casaについて

Casa2021年8月号

衣食住の全てをかっこよくデザインしてくれるのがこのCasaです。
家を中心に様々なカッコイイ情報を届けてくれます。
沢山のこだわり抜かれたモノ・コトを通して読者を質の高い生活へと導き出します。

建築・インテリア・ファッション、食事、全てにこだわりを持っている方に愛される雑誌です。

建築特集をよく取り上げられています。
作られたものをじっくり鑑賞するのもCasa読者らしいかもしれません。

おしゃれで洗練されたものには目がないCasa。車にもこだわりを。

時々特集されるCasaのアート特集も見逃せません。

ライフスタイル全てにこだわりが。料理だってそうです。
抜かりのないおしゃれなライフスタイル、それがCasaらしさではないでしょうか?

Casa読者のお家

家具から部屋の色味、抜かりないこだわりで素敵な部屋を作り上げています。

デザインされた一点モノにもこだわりが詰まっています。
ひとつひとつの家具に洗練さが感じられそうです。

Casa読者のお部屋にはアートだって必要不可欠です。
アートでそのおしゃれな部屋や空間を作り出します。

そんなCasa読者がお部屋に飾っていそうな,Casaらしいアートを次で見ていきます!

Casaらしい絵はこちら!

Casa読者のライフスタイルにはどんな絵が「らしい」ものでしょうか?

Casaに出てくるファッションアイテムやモデルさん、そして撮影風景など想像しながらセレクトしてみました。

Dalmatian

ただ一匹の犬の絵画ですが、存在感と迫力が感じられるアートです。
シンプルで飾り気のないCasa読者の部屋にちょうど馴染んでくれる作品だと思います。
ソファーの上の壁に飾るの海外風でもかっこいいですね。

→作品はこちらから

「tunnel」

人と被らない独特のカラーで描かれた素敵な作品です。
絵画をよく見ると力強い筆使いが浮き上がっています。
Casa読者の落ち着いた木造建築のお家にとても合いそうです。

→作品はこちらから

「STILL LIFE」

パステルカラーでほのかな優しさのつまった作品。
まるでおしゃれなカフェに飾ってありそうですね。
あまり色のないシンプルなお部屋に一枚飾るだけでセンスある、洗練された空間に仕上がりそうです。

→作品はこちらから

「Feel gloaming」

グラデーションが素敵な作品です。
ブラック、ブルー、ホワイト、オレンジ…。
人々の想像力が掻き立てられるようなグラデーションのカラーではないでしょうか。
一枚でその空間ごと、この絵の世界観にしてくれそうです。

→作品はこちらから

「ジャズミュージシャントランペットディジー・ガレスビー2」

ジャズを聴きながら鑑賞したいこの一枚。
この絵こそまさにリアルなアートそのものではないでしょうか。迫力があります。
本物思考なCasa読者には是非おすすめしたい作品です。
落ち着いた部屋にこだわりランプを照らして、このアートを見ながら贅沢な夜を過ごすのも素敵です。

→作品はこちらから

以上、5作品を提案させていただきました。どの作品もまた違ったジャンルで楽しみ方もそれぞれです。

Casaらしい絵画でぜひCasaらしいお部屋、ライフスタイルにしてみませんか。

アートで心豊かに、そして人生も豊かにしたいですね。


株式会社Casie
WEBサイト:https://casie.jp/