照明デザイナー、東海林弘靖氏の言葉で「日本の照明はまぶしすぎる。」というものがあります。

この言葉を聞いたとき、私は日本のオフィスや施設、コンビニの空間の色を想像してみました。すると確かに白、白、白で明るく隅々まで見渡せるような空間が思い浮かびました。

私たちは日本で生まれて日本の照明環境で育ってきているので日本の照明環境が特別明るすぎると感じることはありません。
ですが海外の環境に身を置くことをを多く経験している方にとっては日本の照明は「明るすぎ、眩しすぎ」というような感覚を持っているようです。

今回は日本と海外における照明の役割をテーマに、あるべき照明の姿について紹介していきます。

日本の照明空間が白くて明るい理由


日本では、平安時代の末期に明障子が誕生しました。

和紙を通して外からの光が部屋の空間全体に広がるため、暗い場所が作られることがありませんでした。

日本人が蛍光灯のような部屋全体を明るくする照明を好んで使用するのは、この頃の文化が背景にあると言われています。

海外の照明空間が明るすぎない理由


海外では照明を「部屋を明るくするための道具」ではなくインテリアの一部として捉えています。

空間の趣きやインテリアデザインの統一性を重要視するため、明るさよりも部屋の雰囲気に合わせた照明を選ぶ傾向があります。

必要なところ以外は明るくしないというところで日本との感覚の違いがあるように思えますね。

明るさが必要とされる空間は限られている


白くて明るい光は緊張感を高め集中力が上がります。

病院や工場、勉強をする場所などには明るい照明である必要があると思われますが、リラックスしたい休憩所や自宅の照明を明るいものにしてしまうといつまでも緊張感が取れず逆に疲れてしまうのです。

少し薄暗い方がモダンで高級感のあるリラックス空間に


日本のホテルの多くは、海外のホテルにならって間接照明を採用しています。

その為、日常の生活よりも暗いと感じる部屋が多くありますが、この薄暗い照明こそが人をリラックスさせ空間の高級感を演出するのです。

海外の高級レストランでは、店内が暗い方が高級であるとされている風潮もあるようで、雰囲気づくりのために照明は欠かせない要素となっています。

直接照明から間接照明の文化へ


日本の照明空間は、空間の真ん中に天井から大きな蛍光灯や電球を配置し、部屋全体を照らすことが一般的です。
これが、直接照明というもので、照らしたい場所に直接的に光を当てる方法です。

反対に、間接照明とは直接的に光を当てずに壁や天井などの反射を利用して部屋を照らすことです。
直接的に照明が当たらないので部屋が明るくなりすぎず、光が柔らかくなってムードがでてくるということになります。

日本ではまだまだ明るく白い照明を取り入れている家庭やオフィスも多いです。

光の効果を知って、照明を上手に使い分けることができれば、毎日の暮らしがより豊かになることでしょう。

CASIE MAGではアート、インテリアを通して皆さまの心と生活が豊かになるよう情報を発信していきます。

皆さまのインテリアライフスタイルが楽しくなりますように!


【診断】あなたが好きな絵画ジャンルは?

アート初心者の方にピッタリな
アート導入診断をご用意しました!

絵画レンタル アート診断

まずは診断結果のオススメ絵画を
ワンコインでお部屋に飾ってみよう♪
自分の好みがハッキリとわかりますよ!

おすすめの記事