Kayo Nomura's Profile

兵庫県在住。マスコミ、外資系企業、シンガポール勤務など、様々なキャリアを重ねた後、絵画の世界へ。「Dialogue Drawing」というアートセッションをはじめとし、展覧会にも多数出展している。
Instagram:https://www.instagram.com/kayonomura_/
Twitter:https://twitter.com/kayonomura

ー絵を描くようになったきっかけは?

Nomura「アーティストとして活動するまでにマスコミ、外資系企業、シンガポール勤務、とキャリアを重ね、人間の持つ多様性と普遍性を実感してきました。多種多様な人間模様が放つ、光と影の二面性を知った時、『目に見えるものと目に見えないもの』や『大胆さと繊細さ』『強さと弱さ』など両極の要素を合わせ持った表現に魅了され、絵画の世界に落とし込むようになりました。喜び・幸せの光の面だけでなく、悲しみ・苦しみの影の面も同様に受け入れることができた時に『より自分らしく生きることができる』という思いに至ったんです。現在は、その思いを絵と言葉を通して多くの人と共有する道を歩んでいます」

「Mixed-Feelings-揺れ動く想いとそこに鎮座するもの-」Kayo Nomura

ー普段の制作はどのように行なっていますか?

Nomura「アトリエにて、毎日制作しています」

ー自身のアピールポイントは?

Noumura「Dialogue Drawingという、対話を通して、目の前の人の絵を、ライブで描くARTセッションを開催しています。その人の気になる色や言葉を伝えてもらい、そこから、その人の「今」を表現していきます。対話の中から生まれるものが、目の前で色や形を変えながら、完成していく、世界にひとつだけの芸術作品です」

「YUKIDOKE-冬の名残と春の目覚め共に色めく新しい季節-」Kayo Nomura

ー「絵」以外に、続けている活動はありますか?

Nomura「コーチング、スイミングを続けています」

ーこれからどのような創作活動をしていきたいですか?

Nomura「壁画制作、滞在制作、海外でDialogue Drawingの開催など、これまでにやったことのないことを積極的に挑戦していきたいです。その姿を通して、挑戦することの大切さや、一度きりの人生をどう生きたいのか?というのを多くの人に問いかけていきたいですね」

絵画レンタルならcasieへ,日本初月額定額制絵画レンタルサービスCasie(カシエ)

会社名株式会社casie
住所〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/
おすすめの記事