Kayano Ushiyama's Profile

グラフィックアーティスト。パステルやアクリルで描いた物をスキャンして、パソコン上で仕上げキャンバスに印刷するスタイルで制作活動を行う。アナログとデジタルの融合で、「テキスタイルデザイン」のような作風表現を通して、観てくれる人たちに暖かい気持ちになってもらえるようなHappyな作品を世界中に発表し続けている。日本だけでなく、ニューヨークやロンドンなど海外での個展、グループ展も行っている。
Instagram:https://www.instagram.com/kayanoushiyama/

「アナログとデジタルの融合」というとどんなアートが思い浮かぶだろうか?カヤノさんの作品は、アナログとデジタルをいったりきたりすることで完成する。

①パステル・アクリル絵具で作品を描く
②作品をスキャンする
③スキャンした作品をパソコンで仕上げる
④キャンバスに印刷する
アナログとデジタルをいったりきたりすることで、どちらかだけでは表現しきれない「ウシヤマカヤノアート」が生まれるのだ。

一見、キャンバスに直接描いているかのようにも見える作品。しかしよく目を凝らせば、アナログではできない「デジタルならではの表現」や、逆に「デジタルでは出ない味」も見えてきて、「どこがアナログで、どこがデジタルで…」と考えながら観るのもワクワクする。

KAYANO「キャンバスに印刷をする作品は、1点しか印刷しないようにしています。原画と同じように、”この世に1つの作品”にするために、サインはも必ず手書きで入れています」

そんなこだわりも、カヤノさんの作品の魅力。デジタルとアナログそれぞれの良い部分が抽出されているような、そんな作品だと思った。

20年間ネクタイのデザイナーをしていたというカヤノさん。今の作風になったのは、2015年頃からだという。

KAYANO「テキスタイルのデザインをやっていたので、無意識に季節によって配色を考えたりしているかもしれません。もしかしたら自分はデザイナーよりなのかもしれないなぁと思っています」

最後にカヤノさんの作品のテーマを聞いてみた。

KAYANO「”世界にHappyを広める”をテーマに作品作りをしています。観た人にHappyを与えられるような作品をこれからも作っていきたいです」

絵画レンタルならcasieへ,日本初月額定額制絵画レンタルサービスCasie(カシエ)

会社名株式会社casie
住所〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事