絵画をお部屋に飾ることで、お部屋の雰囲気はガラッと変わります。

でも絵画ってなんか高そう???

心配ご無用です。
絵画レンタルCasieでは、月々1980円から絵画の貸し出しを行っています。

そんな絵画レンタルCasieの作品を飾ってみたお部屋の様子を見て見ましょう!

1. テレビの横にひっそりと

テレビと左のオブジェクトが違和感の無いように並んでいるこちらのインテリア。
額の余白の色が壁紙と一緒のため、風景に自然に壁に溶け込んでいます。
絵画本来はカラフルで特徴があるので、シンプルな風景にアクセントをもたらしています。

2. 写真やドライフラワーと一緒に

お写真やドライフラワーと一緒に、カーテンレールに吊るしているこちらのインテリア。
何かストーリー性を感じるレイアウトですね。全体的にくすんだ色でまとめているため、どこか安心感を覚えます。暖色系の色の電球と合わせてみても良いかもしれません。統一感がある色で横一列にまとめられているため、何かスッキリした印象を受けます。

3. 青色は涼しげな印象に

このサイズの絵画となるとお部屋全体の雰囲気を変えることができます。
青色の効果で、お部屋全体が涼しげな印象を受けます。この絵画があるのとないのとでは大違い。他の小物と色を合わせることで、うまく統一感が出ています。

4. お手洗いにも....!?

絵画を飾る上で、実はトイレはすごくベストな場所。映えやすい白色の壁紙が基本であるため、どんな絵画を飾ってみてもいつも以上に映えます。暗い色をベースにしたこちらの絵画、白の壁紙に黒色はとても落ち着いた雰囲気を醸し出しています。白色に暗めの色を載せることは奥行きを感じさせるので、窮屈な感じを取っ払う効果もあります。

5. モノトーン調の間にも

白色と黒色で綺麗にまとまっている空間に飾られているこちらの絵画。固めの雰囲気の中に、木製の額縁が引き立ちます。茶色には温もりを感じさせリラックスさせる効果があるので、ちょっと固めの雰囲気のこの空間ではベストな額縁の選択と言えます。また、中に入っている絵画も自然を感じさせることのできるもので、無機質なこの空間にうまく調和し、絶妙な雰囲気を醸し出しています。

6. 靴箱の上に置いてみたり....

お客様を出迎える上で大事な場所。玄関。そんな玄関の靴箱の上に絵画を置いているインテリアです。木でできた靴箱の上に、重厚な黒の額縁を使ったモノトーン調の作品を置くことで、作品の存在感がより一層引き立ちます。

7. 好きな小物と一緒に並べてみる。

小さな小物をより引き立てるのにも絵画はいいのかもしれません。あえて絵画を真ん中に置くことで、その前後左右にも視線が動くようになり、その空間をより認知させます。目を引くよいうな派手な色使いをしている作品がいいかもしれませんね。

8. ソファーと絵画で安らげれる空間を

絵画 レンタル インテリア

リビングの一角のこちらのインテリア。青のソファーと、青色の絵画。とても落ち着いた雰囲気を醸し出しています。メイン家具の色と絵画の色を合わせてみると、お部屋全体がその色のもつ雰囲気に染まることができ、あなたの出したい雰囲気を容易に出すことができます。

9. 横長の絵画をあえてここに置いてみる

絵画 レンタル インテリア

横長の絵画のレイアウトはちょっと難しい。でもこのように自然にぽつんと置いておくことで、絵画の存在感を出しすぎず、うまくまとまっています。右にあるタスペトリーとも雰囲気がマッチしてて、違和感を感じません。どこかアフリカを感じさせるような色使い。とてもいい空間と言えるのではないでしょうか。

10. 差し色としても使えます。

絵画 レンタル インテリア

白でうまくまとめられているこちらの棚に、赤色を主体にした絵画を飾っているこちらのインテリア。白一色だとのっぺりとした雰囲気になってしまいますが、差し色を入れることで、のっぺりしすぎず、ちょっとしまった雰囲気になります。

絵画の雰囲気は無限大!

このように絵画がインテリアに与えるパワーは絶大です。

絵画1つで小さな変化から大きな変化まで、お部屋の雰囲気を変えることができます。
皆さんも絵画をお部屋に取り入れて、絵画のある生活初めてみませんか?

casie(かしえ)-LINE診断で1ヶ月ワンコインクーポンをゲットしよう-

「お部屋を“もっと”オシャレにしたい」
あなたの“もっと”を絵画が実現してくれるかもしれません。
約4,000点のレンタル絵画があるから、あなたのお部屋にピッタリの絵画がきっと見つかります。
LINEプラン診断で1ヶ月ワンコインクーポンもプレゼント中だから、まずはお試しレンタルから始めよう。

おすすめの記事