絵画のイメージってなんでしょう?

絵画 飾る

わたしが周りの人にこの質問を投げかけたとき、大抵のみなさんは、

「お金持ちが飾ってるイメージw」

なんて笑いながら言われる時が多いです。

しかし、本当にそうでしょうか?わたしはそうは思いません!本当に何気なく飾られている絵画を奥深く探ってみると、絵画のありがたさや、絵画が私たちに与えてくれているものってたくさんあるんです。そこで今回は、今更は聞けない、でも気になる。絵画を鑑賞することのメリットってなんだろう??それを考えてみようと思います!

ここでストップ。まずデメリットってあるの?

絵画を鑑賞するデメリット。考えてみても1つしか思い浮かびません。それは金銭面。美術館にいくお金や、おうちに飾る絵画のお金。でもそれって一瞬お財布が開くだけで残りのデメリットってないんです。絵画は消耗品ではないので、ずっと使っていただけますし、美術館で得たものって、心と頭と感覚にしっかりと納められて、私たちの人生に活かしてくれるので、デメリットって考える必要もないくらいです!

では、さっそく絵画を深く知ってもらうために絵画の歴史から見ていきましょう!

絵画の歴史って??

絵画 飾る

みなさん、考えてみてください。絵画って言っても幅がひろい。昔、小学校や中学校の社会の教科書に"古代エジプトの壁画が〜〜"なんてゆう文書よくありましたよね。そう!絵画は、古代から存在し、私たちが生きてる現在にも絵画が存在する。すなわち、私たちは絵画とともに、歴史を歩んでいるわけです。

現在私たちが見ることのできる最も古い美術作品は、フランスのショーヴェ洞窟の壁画です。紀元前3万1000年前後に描かれたとされています。次に、メソポタミア美術、エジプト美術、ギリシャ美術、ローマ美術、ルネサンスの美術〜〜〜〜現代に至るまで本当に歴史が長すぎてここには書ききれなかったのでまた別の記事でまとめたいと思います!これらの美術を見ていくとメソポタミアやローマ、ルネサンスなど分明が発達するにつれて、美術も発達してきた歴史上の事実があるので、分明発達と絵画との関係はかなり深いものとなります。

日本の美術の歴史はどうでしょうか?飛鳥時代から奈良時代は、仏教絵画がが主でした。この仏教絵画は、中国の絵画をお手本としていたようです。そして平安時代に、ようやく日本式の絵画が成立したようです。源氏物語や、鳥獣人物戯画は平安時代を代表する作品ですよね。平安時代には、ひらがなも誕生したので、日本らしい時代だったと言えますね。鎌倉時代には、似絵が流行したようです。そして、室町時代には、あの水墨画が登場したんですね。義政を中心として興隆した文化を東山文化が発達しました。桃山時代には、障壁画、江戸時代には、浮世絵、文人画などが流行しました。これは、見返り美人や風神雷神図などの色鮮やかな作品ですね。明治時代は、がっつり作品の雰囲気が変わりました。明治時代は、西洋の文化が流入してきているので、絵画の描き方も西洋らしい表現に変化しました。

これだけでも絵画の歴史ってめちゃくちゃ長い、、、。
その時代を絵を描くことで表現していたんですね。人間も時代とともに変化するのと同時に絵画も同じく進化していったのですね。

海外では当たり前!絵画を飾る習慣

絵画 飾る

casieライターのKenyaくんがアメリカでのアート事情を調査してきてくれました。

ふむふむ。ギャラリーが日本よりもかなり多くて、フラッと立ち寄れるギャラリーの存在。他にもいろんな点で日本とアメリカはアートに対する文化が全く違っていますね。

あまり裕福でないお家でも、トイレにさえ絵画が置いてある。裕福なお家にももちろん絵画がある。なんで絵画飾るの??って聞いたらみんな揃ってIf there is no drawing (painting), we feel something empty with the wall.(もし壁に絵画がなかったら、何か壁が寂しく感じるんだ) 」なんて。みんななんか可愛いなあ、と感じてしまいました(笑)なんだかロマンチック、私はそんな風に感じました(笑) Kenyaくんは、微妙な回答と感じたみたいです(笑)

またさらにアートフェスがあるなんて!!日本でもしたいー!と感じましたあ。artにdrinkにfoodに、もう最高かよ!って感じです、、、羨ましいですね。

そんなアメリカのアート事情でしたが、私は夏休みを利用してインドネシアのバリ島にお邪魔してきました。そこでもかなりアートが普及していて、私はびっくり仰天。日本てなんだ?!みんな本当に絵画を特別扱いしてる感じがするなぁ、もっと気軽に飾れるのになぁ、なんてことを考えていました。インドネシアはまだ日本に比べて発展途上国と言えるでしょう。そんなインドネシアはアートであふれていて、アートの周りのみんな本当に幸せそうでした。アートのおかげ?とはいきませんが、アートが何かしらもたらしてくれてるのではないでしょうか。ギャラリーは、アメリカみたいにきれいな建物ではないですが、ところどころにアートギャラリーがあって、その作品が現代アートから肖像画、色使いのうまいお花の絵画、インドネシア固有のアートまで幅広かったです。立ち寄るローカルなお店、サーフィンしてる人のタトゥー、カフェまでもがアートでした。すてき〜〜♡良かったらこちらを読んでみてください!

絵画の存在意義とはなんなのでしょうか?ますますメリットが気になりますね(笑)そんなメリットを今からお伝えしますねー!

絵画を飾るメリットを考えよう

絵画 メリット

さて、ここからが本題です。絵画を飾るメリットをかんがえてみましょう。心のメリット、お部屋のメリット、子供のメリットの3つに分けてご紹介していきますね。

心のメリット

心のメリットとして、まず絵画を見ると心が落ち着くということです。心が豊かにもなります。なんでそんなこと言いきれるの?と思いますよね。実際絵画は、見る人の心を癒す効果があるとされ、現実では、病院や老人ホームで、癒しの効果として使われているのです。なんかぼーっと歩いていたり、座っていたりしていると、目の前に絵画があったらついつい見てしまいませんか?絵画をみて、いろんな感情が浮き出たり、絵画に描かれているものに対して背景を考えてみたり。それって実際しっかりと心を癒してくれているのです。またさらにさらに!絵画を見ると頭を使うので創造力も養われます。脳を活発にさせるのに絵画は必須ですよー!

お部屋のメリット

お部屋のメリットとして、まずあげられるのが絵画を飾ることでお部屋の雰囲気が一段と変わる、ということ。お部屋が寂しい、なんか今の部屋に飽きちゃった、なんておもっている方には、模様替えの意味として絵画を置いてイメージチェンジすることだってできるのです。絵画をお部屋に飾ると、雰囲気が変わると言いましたが、これを詳しく解説しますね。絵画を飾ると決めたら、お部屋をまずは片付けなくちゃいけません。お部屋をすっきりさせて、ここだ!と思う場所に絵画を飾る。そうすると絵画に合わせてインテリアもドンドンおしゃれなものに変えたくなる。そうするとお部屋の雰囲気が一気に変わりますよね!あーお金かからない?とお思いの方。毎日毎日私たちを守ってくれてるお部屋です。お気に入りの空間にしてあげたくなりませんか?せっかくの休める場所ですので、お部屋の雰囲気づくりは大変重要だと思うのです。

実は!絵画の飾る場所などの記事があるのでぜひこちらも合わせて読んでみてください!

子供へのメリット

子供へのメリットは本当にたくさん!まず、小さな頃から絵画を見ているのと見ていないのとでは、創造力に差が出ます。やっぱり絵画を見ている子供と見ていない子供とでは、美術や図工の作品が少し違ってきます。また、表現力、技術力にも変化が。今ではお絵かき教室も多数存在しているようです。子供が小さい頃からおうちに絵画を飾っておくと、大人になっても絵画に愛着がわき、絵画を楽しめる心の豊かな子に成長するのではないでしょうか。また、絵を描いたら絵画と同じように飾ってあげるのもおすすめ。子供の教育には絵画は必須なのかもしれません。


日常+絵画の生活を目指そう!

絵画 飾る

絵画の良さ、みなさん理解していただけたでしょうか?心のメリット、お部屋のメリット、子供のメリット、どれもすてきなメリットばっかりでしたね!絵画からぜひたくさんのエネルギーを吸収してくださいね!

casieでは、絵画を気軽にレンタルすることができます。絵画を購入することより、レンタルの方がお財布も心もなんだか軽い気がしますよね。ぜひ皆さん利用してみてくださいね!

まずは、自分の好きな絵画ってなんだろう?そんな時にこの診断をしてみて下さーい!↓

【診断】あなたが好きな絵画ジャンルは?

アート初心者の方にピッタリな
アート導入診断をご用意しました!

絵画レンタル アート診断

まずは診断結果のオススメ絵画を
ワンコインでお部屋に飾ってみよう♪
自分の好みがハッキリとわかりますよ!

おすすめの記事