「絵画を買ってみたい!」とは思っても、実際どうしたらいいんでしょうか?

この記事では、そんな疑問を解決する3つの疑問にお答えします!

目次

・どこで絵画を買うの?
・どんな絵画の種類があるの?
・絵画ってどうやって保管したらいいの?
・難しいなら絵画レンタルもあり?

どこで絵画を買うの?

「絵画を買ってみたい!」でも実際どこで絵画を購入することができるのでしょうか?

1. 画廊

絵画レンタル 初心者

画廊とは簡単にギャラリーのこと。
予算は10万円以上を考えると良いでしょう。

画廊・ギャラリーで絵画を購入するメリットは、絵画に精通している担当者の方がいること。
好みの画家さんや作風を伝えると、それにあった作品を紹介してくれるところもあります。

敷居が高そうに思えますが、見るだけOKのところもあるので散歩ついでに訪れることもできますね。

画廊やギャラリーによって作品の種類は異なるので、あらかじめチェックしてから訪れるのがいいかもしれません。

2. 百貨店

絵画レンタル 初心者

実は絵画の流通量が1番多いのが百貨店。
予算は10万円以上を考えた方がいいでしょう。

ギャラリーが百貨店に出向き作品を販売しているイメージですね。
基本的に週替わりで作品が変わるため、出向く度に作品が変わっています。いつ行っても新しい雰囲気を味わうことができます。

百貨店では、画廊よりわかりやすい作品が多く展示されています。

百貨店はセレクトショップ、画廊は専門ショップといった感じですね。

3. アートフェア

絵画 レンタル 初心者

アートフェアとは、様々なギャラリーが集まり作品を展示する催しのことです。
予算は5万円以上を考えた方がいいでしょう。
音楽フェスのアート版といった感じですね。

たくさんの絵画を一気に見ることができますし、お祭り気分で楽しむことができます。
たくさんの方が来られるので気軽に楽しむことができます。

日本では、東京で行われる『アートフェア東京』が有名ですね。
https://artfairtokyo.com/ 

4. ECサイト

絵画 レンタル 初心者

絵画の価格や特徴から簡単にあなたに合う絵画を探し出すことができます。
予算は5千円以上から。

絵画専門のサイトでなくとも、Amazonや楽天などの総合ECサイトでも購入することが可能です。

メリットは、なんといってもその手軽さ。
お家でスマートフォン片手に簡単に購入することができます。

リアルで作品を見ることができないのがネック。
絵画を飾る上で、筆のタッチや・作品のサイズ感はとても大切になるので、初心者にはオススメとは言えません。。
ですが比較的安価な作品が多いので、失敗した場合に買い直しが簡単にできます。

どんな絵画の種類あるの?

絵画には様々な種類があります。
それぞれによって値段も違いますし、もちろんその絵画のもつ雰囲気も違います。

原画 or 複製画

絵画 レンタル 初心者

原画

原画とは、画家さんがそのキャンバスに描いた、世界で1つしかない一点物。

もちろん1番価値が高く、有名画家となれば入手するのも困難。値段も高くなってしまいます。

しかし、複製画にはない絵画のもつ力を直接味わうことができます。
特に油絵など、 絵の質感を楽しみたい方には原画がオススメですね。

複製画

名の通り、原画を複製したモノになります。

複製画の魅力は何と言っても、その価格。
アートの巨匠が買いた作品を数万円から購入することができます。

絵画 レンタル 初心者

複製っていうことは価値が無いの?
実はそういうことはありません。

「エディション」という制度により、複製画を刷れる枚数があらかじめ決められています。
そのため絵画の希少性が保たれているのです。

プリント

絵画 レンタル 初心者

印刷機で大量印刷したモノとなります。
エディションもなく、画家のサインもそのままプリントされてしまっているので、アートとしての価値はありません。

とても安価で、インターネットで簡単に購入することができます。

絵画をどこに飾る?

絵画 レンタル 初心者

1. 絵画を飾る場所を決める

飾る場所がちょっとでもズレると、お部屋の雰囲気は異なってきます。

絵画を購入する前に、どんな場所に飾りたいのか考えて見ましょう!

絵画と同じサイズの紙を壁に貼ってみて、どのような感じなのか調べてみるのがベスト。
どんなサイズ感なのか、どんな印象を受けるのか、絵画を飾った時の雰囲気をイメージしやすくなります。

2. 絵画は意外とデリケート

絵画は意外とデリケート。飾る場所に注意しないとすぐに痛んでしまいます。
長く絵画を楽しむなら、その環境にも注意しなければなりません。

絵画を飾る場所として適切なのは、17℃~25℃、湿度44%~55%となります。

色がすぐに抜けてしまうため、直射日光にも注意しましょう。UVカットのガラス額縁、なんていうのもあります。

難しければ絵画レンタルもあり?

簡単に見えて意外とそうで無いのが絵画の購入。
もし難しそうであれば、『絵画レンタル』の選択肢もあります。

月々1,980円から簡単に絵画のある生活を始めることができますよ!

絵画 レンタル  インテリア

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事