絵画を飾ろうと思っても何でどう飾ればいいかわからないですよね。
実は壁に絵画を飾る方法って沢山あるんです。

今回は代表的な3つの貼り付け方をご紹介します。

1、貼り付けの定番 フック

壁になにかを飾ったり、貼り付けたりするフック。
フックには大きく分けて2種類あります。

①壁に穴をあけるタイプのフック
②シールタイプのフックの2種類。

この2つについてご紹介していきます。

壁に穴をあけるタイプのフック

こちらの記事に詳しく載っていますので、ぜひチェックしてくださいね!

シールタイプのフック  

シールタイプのフックは取り付けが簡単ですが注意点も。
絵画の重さを考えなければいけません。

プラスチック製のものはだいたい、500g〜1kgまでの絵画にはオススメです。
ステンレス製のものは、3〜5kgの絵画にオススメです。

このようなフックを使った飾り方は様々。フックを使って飾ってみましょう!

1、絵画の後ろに紐がついているもの

このように絵画の裏に紐があるものは、まずは飾りたい位置にフックを取り付けます。そして、フックをこの紐の真ん中に吊るして、壁に飾ります。

2、絵画の上縁に紐がついているもの

このようなタイプは、絵画の飾りたい位置より、少し高めにフックを取り付けないといけないので、そこは慎重に取り掛かりましょう!

2、 壁に穴を開けない! ひっつき虫

ひっつき虫は何をするにも便利です。
しかし重さが軽くないとひっつき虫は機能しません。
ひっつき虫は、500g以下の絵画に限ります。
なので、縦横30cm未満の絵画だと飾りやすいです。

実は、ひっつき虫は、貼り直し自由自在!
絵画の場所に飽きちゃったら、気ままに変更できるのも魅力的ですね。

3、オシャレ度up! ピクチャーレール

ピクチャーレールってしっていますか?
まるで、絵画がそのまま浮いているかのようにも見えることができます。

レールを使っているので、絵画を自由に動かすことができます。
なので、ピクチャーレールは子供部屋にもオススメです。

ピクチャーレールを使用するのに必要なものは?

・レール

・フック

・フック付きワイヤー

装着方法

1、まずは、レールを準備

2、フックをレールに装着

3、ワイヤーをフックに通す

4、ワイヤーのフックを絵画の紐にとおして、終了。

ワイヤーが細いほど、自然に絵画が浮いているような綺麗な飾り方になります。
Amazonなどでは、基本的にピクチャーレールのワイヤーはフック付きのものが普通にありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

この商品の詳細に、取り付け方も詳しく載っています。

詳しくはこちらをご覧ください!

でも壁が傷つかないか少し心配 そんな方にオススメの飾り方

やっぱり、壁が傷つかないか心配な方もいらっしゃると思います。
そんな方に、壁に飾る、以外の絵画の飾り方の選択肢を2つお教えします。

1、壁に立て掛ける

絵画を床に置いて部屋に飾る
絵画レンタルCasieのアート

絵画が大きめのサイズなら、リビング、寝室がオススメです。
それとも、絵画が小さめのサイズなら、玄関、デスク、キッチンの食器とともに飾るのもオススメです。

2、スタンドを使う

絵画をイーゼルに乗せて飾る

スタンドは、Amazonなどで、簡単に購入できます!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
casie magでは、様々な絵画の飾り方をご紹介しています。
気になる記事がありましたら、ぜひチェックしてみてください。

casieでは、絵画をレンタルすることのできるサービスを行っています。

あなたが気にいる絵画がきっと見つかります。

良ければ、casieのサイトに遊びに来てくださいね!

絵画 レンタル  インテリア

おすすめの記事