配色やタッチなど
コースケとヒミコが勝手に考察

このコラムは、Casieのコースケがその時々の気分で語りたい作品をピックアップしてオフィスで働くメンバーを強制招集して自由勝手に作品について語り合おう!
というコースケの我儘に作品とメンバーが付き合わされる企画。

今回、コースケにロックオンされたのはCasieでアートディレクター兼発送担当のヒミコ。

ユーザーに提案する作品の選定中に駆り出されたヒミ姉さんがコースケと語る一枚はこちら↓

作品名:まりな / アーティスト:ももか
コースケ
はい!
早速第二回がやってきましたね!

イエーイ!
ヒミコ
いえーい・・・
コースケ
今回はこの作品!

ただ、人物画ってあんまり好きじゃないんよな。。。
ヒミコ
!?
コースケ
普段、人物画を飾ろうと思うことはない!
ヒミコ
自分で選んでおいて。。。

こいつ正気か!?
コースケ
でも、この絵いいよね!
デッサンのジェスチャーをするコースケ
ヒミコ
そうですね、ミュシャを彷彿とさせます。
コースケ
ミュシャ!?
ヒミコ
いや、ミュシャという画家がおりまして...
コースケ
いや、ミュシャは知ってるけどあまりしっくりこない。

アルフォンス・マリア・ミュシャは、アール・ヌーヴォーを代表するチェコのグラフィックデザイナー、イラストレーター、画家。「ミュシャ」という表記はミュシャが活躍したフランスでの発音によるものであり、母国チェコ語の発音を日本語表記すると 「ムハ」となる。 多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。

引用:Wikipedia
コースケ
いいなって思う部分は、
この人の顔とか肌の部分は写実的に描かれているのに、周りの背景や髪の毛がタッチ変わってる。

そこのギャップが面白いなって思う。
髪の毛の部分を確認し、共有する2人
ヒミコ
この人って。。。
名前ちゃんと知ってます?
コースケ
・・・
ヒミコ
まりなですよ!
ヒミコ
ペナルティ1ですね
ペナルティ1
!?
ヒミコ
確かに、タッチのギャップはこの絵の魅力の1つですよね
ペナルティ1
・・・そうだね。

表情を読み取ってみよう

ペナルティ1
顔近くの背景に、緑が濃い部分があるじゃん。

なんか闇を感じる。
ヒミコ
あー
なるほど。
コースケの言う闇ゾーン
ヒミコ
よく舞台とかで顔の向きで表情を表すことがあるんですけど、

こっち(左)向いていたら未来で
こっち(右)向いていたら過去と、

顔の向きで心情を表すことがある。
ヒミコ
この人は未来向いてますし、目に光もある。

もしかしたら、
未来を見つめているけれども、
その未来に不安があるから背景を濃くすることで
その未来に対する不安を表現しているんじゃないか。。。
ペナルティ1
なるほど!
顔の向きと心情の表現について説明するヒミコ
ペナルティ1
ちなみに、同じ女性としてはどう思う?

この表情について。
ヒミコ
いや・・・

一般の女性とは感覚がかけ離れておりまして。。。
ペナルティ1
まあ、そうやな。
ヒミコ
ペナルティ2です
ペナルティ2
さっきから、そのペナルティってなんなん!?

累積したらどうなるん?
ヒミコ
強制終了です!
ペナルティ2
そのルールいつできたん!?

そもそもジャッジ厳しすぎやろ。
ペナルティ2
とにかく気をつけます。

計算された配色!?

人物(まりな)の周りの装飾について
ペナルティ2
この周りの花とかの輪郭が真っ白じゃなく、
クリーム色?黄色っぽいって言うか。。。
ヒミコ
キナリ?
ペナルティ2
そう!キナリ!
ペナルティ2
白じゃなく、キナリ色で描かれてるのがGood!

真っ白だったら、もっと浮いちゃってると思う。

さっき写実的な描写とのギャップと言ったけど、
白の輪郭だとギャップを超えて浮いちゃう気がする。
ヒミコ
あー
それはありますね。
ヒミコ
この周り(花や植物)を描いてる輪郭がキナリだから、
秋っぽい雰囲気にもなってるけど、
白だったら全然雰囲気違うと思う。
ペナルティ2
確かに、秋っぽいね!
ヒミコ
周りの描写はファッショナブルでおしゃれだし、
ステンドグラスっぽさもあって
シンプルにおしゃれで飾りやすいと思います。

中心の人物画なくてもオシャレな一枚になりそう。
ペナルティ2
そうそう!

中心の人物が写実的でありながら、
周りがファッショナブルなデザイン。

そのギャップがいい感じにバランス取ってる。
ペナルティ2
ステンドグラスと写実って結構遠い存在だと思う!
ヒミコ
そうですね、相反するもの。
ペナルティ2
それが一緒に描かれている。

むしろ髪の毛とかは体の一部になってる。
それが面白し、バランスいい!
ヒミコ
いや、本当にバランスは良いと思います。

ここまで人物をしっかり描かれていると、
ステンドグラス的な部分がある意味で悪目立ちする可能性もある。

それが肌との境界線をキナリにしているから
体のパーツや背景に移行できている気がする。
ペナルティ2
なるほど。
ヒミコ
本当に配色まで考え尽くされているんだろうなって思います。

それが、ただリアルに描くだけのものより面白いと思う部分。
ペナルティ2
仕掛けがいっぱいあっていいよね。
ヒミコ
そうです、仕掛けがあります!

飛び出せ絵本!
みたいな!
ペナルティ2
それは意味わからん。
ペナルティ2
あっ・・・
ヒミコ
はい。
ペナルティ3で終了です。
ヒミコ<br>退出済
....
ペナルティ3
ほんまに終わらせやがった。。。

語り合いを終えて

今回もお付き合いありがとうございました!
Casieのコースケです。

絵画の捉え方は人それぞれですが、今回も個人的には面白い対談でした。
自分では気づけない特徴に注目して見てみると全く違った印象の絵に見えるのが本当に不思議ですよね。

もし、この絵を試しに飾ってみたいという方はこちら▼

●まりな / ももか

【診断】あなたが好きな絵画ジャンルは?

アート初心者の方にピッタリな
アート導入診断をご用意しました!

絵画レンタル アート診断

まずは診断結果のオススメ絵画を
ワンコインでお部屋に飾ってみよう♪
自分の好みがハッキリとわかりますよ!

おすすめの記事