暑い夏が終わり、涼しくなって心が落ち着く秋。

やっと過ごしやすい季節になったと思われがちですが、実は秋にも流行しやすい病気があります。

秋は朝と夜の気温の変化が大きく、気温や気圧の変化に身体が追い付かず体内の体温調節のバランスが崩れてしまい体調を崩すということが多いのです。

今回はそんな秋にかかりやすい病気と、病気に効果のあるアートや空間作りについて紹介していきたいと思います!

秋にかかりやすい病気


食中毒
食中毒といえば夏のイメージがありますが、実は食中毒は秋になることが一番多いそうです!
秋は、行楽や運動会、お祭りなどの行事が多く野外で調理をしたり、野外で食事をする機会が多いことが食中毒の原因と言われています。

風邪や花粉症
夏バテから抜け出さないまま秋になると、一日の温度変化に身体がついて行けず結果として免疫力が弱っているところに風邪の菌が入り込んでしまいます。
そして秋のブタクサの花粉も飛んでいますので、花粉症と風邪両方にかかってしまう方も多いようです。

喘息
秋は気温が低下するのに加えて湿度も低下します。
空気の対流が上手く行われず汚れた空気が地表付近に停滞しやすくいため、ぜんそくの症状が出やすくなると言われています。

マイコプラズマ肺炎、百日咳
マイコプラズマ肺炎は、「肺炎マイコプラズマ」、百日咳は「百日咳菌」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。
感染経路はかぜやインフルエンザと同じですので、普段から、手洗いをすることが大切です。

季節性うつ
秋口はまだ温かいので身体は活動的なままです。しかし、日照時間は短くなるので脳は冬眠モードに切り替わろうとしています。
このため、夏のライフスタイルのまま秋に入り精神が追いつかず、憂鬱な気分になりやすいのがこの時期の特徴です。

秋の病をアートで治療。近年注目されつつあるホスピタルアート


ホスピタルアートとは
福祉医療現場に、芸術的なものを取り入れることにより、 無機質なイメージからほっと心あったまる気持ちにさせる、
福祉医療医療を受ける側にも提供する側にも、誰もがよりよい環境を作るためのものです。

アートには心に活気を与えたりリラックスさせる効果があり、心の問題の原因となるストレスの緩和にも役立つことができます。

病院や施設、自宅にアートを取り入れて心身ともに癒されることで病気の治療効果を促すことができるので最近ではアートを取り入れている病院や施設が増えてきているそうです。

病気でなくてもアートは見ていて癒されますので、アートを飾ったことのない方はぜひ飾ってみてくださいね。

ライトヒーリング。暖かい光で心にも安らぎを


体調を崩した時や病気になった時はぜひ室内の照明をオレンジ色の暖かい光にしてみてください。

白い照明は、冷たい・怖い・不安・痛い・暗いなどをイメージさせることから病気の治りを遅くさせてしまう可能性があります。

オレンジの照明は、暖かい・優しい・癒し・太陽・明るいなどプラス的要素が多く病気の治りを早くする効果が期待できます。

病気に負けずに秋を楽しもう!


いかがでしたでしょうか。

今回はホスピタルアート、ライトヒーリングを紹介していきましたが、秋になって体調を崩してしまった方はまずは早めに病院に行って菌を殺す薬をもらってきましょう!
(実は私も先週から体調を崩してしまい嘔吐してしまうくらい咳が止まらず殺してくれと思うほど辛い思いをしましたが病院へ行きなんとか生き延びました。)

まだ体調を崩していない方は、手洗いうがいをしっかりとして身体を温めてしっかり予防していきましょう!

CASIE MAGではアート、インテリアを通して皆さまの心と生活が豊かになるよう情報を発信していきます。

皆さまのインテリアライフスタイルが楽しくなりますように!

【診断】あなたが好きな絵画ジャンルは?

アート初心者の方にピッタリな
アート導入診断をご用意しました!

絵画レンタル アート診断

まずは診断結果のオススメ絵画を
ワンコインでお部屋に飾ってみよう♪
自分の好みがハッキリとわかりますよ!