ゴッホは短い画家人生で数多くの自画像を描き残しました。
モデルを雇うお金がなかった、肖像画を描く時のために練習していたという理由が考えられています。

また、ゴッホの自画像は作品によって表現の仕方が大きく違っています。その表現からはゴッホがどのような画家だったのかも読み取ることができるかもしれません。たくさんの自画像の中からいくつかをピックアップして、ゴッホの怒涛の画家人生を見ていきましょう。

あなたの好みの絵画がわかる - アート診断 -

「アートを家に飾ってみたい!」と考えたことはありませんか?

しかし、絵画を家に飾るのはハードルが高い……。「どんなジャンルの作品がいいか分からない…」「絵画は高いから購入できない…」など、様々な問題があると思います。

そこで気軽にお家でアートを楽しんでいただけるように、Casie(かしえ)では絵画レンタルサービスを提供しており、

まずは「アート診断」で 簡単な質問に答えて、あなた好みの絵画を調べてみましょう。

自分の好きなアートを理解して、お気に入りの絵画をそのままレンタルすることも可能ですよ。

ぜひ1度お試しください!

公式LINEでアートのある暮らしについて配信中

Casieはアートを月額でレンタルできる、サブスクリプションサービスを提供しています。公式LINEではアートを楽しむための情報をいち早くお届けしており、新作アートの紹介やアートの選び方など、インテリアの参考になる情報が満載です。不定期でお得なクーポンも配信していますので、ぜひご登録くださいね。

初めての自画像 1886年

ゴッホが画家を目指したのはこの自画像を描く5年ほど前の28歳の時ですが、自画像を描き始めたのは33歳の時だと言われています。上記の作品はゴッホが制作した自画像で最も古いものです。
ゴッホの自画像でよく見るキリッとした目や無性髭、顔の角度です。この自画像が生涯描く自画像のベースとなったのかもしれませんね。
下や右上の自画像は失敗でしょうか??下の顔が本当のゴッホで、真ん中は誇張して描いたのかも……。とかも思っちゃいました笑

暗い表現での作品 1886年

ゴッホの作品は明るい色彩を使って表現している作品が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
ゴッホは画家の初期時代はハーグ派という暗い表現技法を学んでいたため、画家人生の半分ほどは暗い作品が多いです。
そのゴッホのハーグ派の有名作が下記の「ジャガイモを食べる人々」という作品です。
とても暗い表現がされていて、ゴッホが描いたとは思えない作品ですね。

その他のハーグ派時代の自画像

あなたの好みの絵画がわかる - アート診断 -

Casieはアートを月額でレンタルできる、サブスクリプションサービスを提供しています。世の中には多種多様な数多くのアートが存在しており、アート診断では、あなたに合ったアートを紹介させて頂いています。是非、アート診断を通して、自分好みのアート、あるいは、新たな発見をしてみませんか?

印象派の代表画家へ 1887年

ゴッホは1887年からクロード・モネやルノワールといった印象派の画家に影響を受け、明るい絵を描き始めます。
少しずつゴッホらしい明るい色彩になってきましたね。

下記は印象派時代に描かれた「ひまわり」です。ゴッホの代表作と言ってもいい作品ですね。
ゴッホはひまわりを描きながら「補色」の勉強をし、作品にもよく登場する青と黄色を使いこなすようになったと言われています。そのため、この時代に描かれた自画像にも青や黄色で表現されたものが多くあります。

その他の印象派時代の自画像

ゴーギャンとの共同生活 1889年

ゴッホは1888年頃から同じく印象派の画家、ポール・ゴーギャンと共同生活を始めます。しかし、人間関係が苦手なゴッホとゴーギャンの関係はすぐに悪化してしまします。
ある日、2人が言い争いをし、興奮したゴッホは自ら自分の耳を切り落としました。その出来事は「耳切り事件」として語り継がれています。そのため、この頃は耳に包帯をした自画像が描かれています。顔もやつれていれ、ゴッホの精神状態がこの頃からおかしくなり始めているのが分かります。

ゴッホとゴーギャンの関係は「耳切り事件」以降は途切れました。

そんなゴーギャンも下共同生活中に下記のゴッホの肖像画を描いています。「ひまわり」を制作中のゴッホということがすぐに分かりましたね。

公式LINEでアートのある暮らしについて配信中

Casieはアートを月額でレンタルできる、サブスクリプションサービスを提供しています。公式LINEではアートを楽しむための情報をいち早くお届けしており、新作アートの紹介やアートの選び方など、インテリアの参考になる情報が満載です。不定期でお得なクーポンも配信していますので、ぜひご登録くださいね。

覚醒した最期 1889年

ゴッホは「耳切り事件」以降、精神病院で入院をすることになりました。
その頃の作品の多くには上記の作品の背景のような渦が巻いている表現がよく見られます。なんだか吸い込まれそうになりますね……。
しかし、精神状態の悪化からこのような作品が描かれたのではないかと言われています。

渦を巻いた表現をしている作品でも有名なのが下記の「星月夜」です。ゴッホの代表作のひとつで夜空が渦を巻いた表現で描かれています。しかし、このような風景も実際には存在せず、ゴッホが幻覚を見て描いたのではないかと言われています。

最も高値で売れた自画像

ゴッホが生涯最後に描いた自画像です。
1998年に7150万ドルで売却され、当時では史上3番目に高値で売れた絵画となりました。
ゴッホの最後の自画像、珍しく髭がない、ということもあり高値で取引されたのでしょうか……?

まとめ

いかがでしたか?
自画像だけに注目してもゴッホがどのように画家として人生を歩んできたのか読み取ることができました。下記はゴッホについてさらに詳しくまとめた記事です。気になる方はぜひ合わせてご覧ください。

ゴッホに影響を受けたアーティストもご紹介しています。ゴッホの作風の面影がある、新たなアート作品をのぞいてみてください!

あなたの好みの絵画がわかる - アート診断 -

「アートを家に飾ってみたい!」と考えたことはありませんか?

しかし、絵画を家に飾るのはハードルが高い……。「どんなジャンルの作品がいいか分からない…」「絵画は高いから購入できない…」など、様々な問題があると思います。

そこで気軽にお家でアートを楽しんでいただけるように、Casie(かしえ)では絵画レンタルサービスを提供しており、

まずは「アート診断」で 簡単な質問に答えて、あなた好みの絵画を調べてみましょう。

自分の好きなアートを理解して、お気に入りの絵画をそのままレンタルすることも可能ですよ。

ぜひ1度お試しください!

Casie公式LINEアカウントのご紹介

Casieはアートを月額でレンタルできる、サブスクリプションサービスを提供しています。公式LINEではアートを楽しむための情報をいち早くお届けしており、新作アートの紹介やアートの選び方など、インテリアの参考になる情報が満載です。不定期でお得なクーポンも配信していますので、ぜひご登録くださいね。


合わせて読みたい