今や、世界の大企業や有名人の間でも常識になりつつある「風水術」。一見難しそうにも見えますが、実は「アート」を使えば、誰でも簡単に取り入れることができるんです。今回は、人気風水師・小林蔵道先生監修で運気別おすすめアートを大紹介。

第1弾は、家庭円満癒しが欲しい、仕事運をUPしたい方におすすめなアート。ぜひ、お悩みに合わせてアートを選んでみて!

そもそも「風水」ってどんなもの?

伝統風水術

小林蔵道先生が伝える「伝統風水術」は、1000〜2000年前から続く「人間が平和に生きるための技術」の1つ。TVや雑誌でよく見かける「〇〇色で〇〇運アップ!」「〇〇の方角にこれを置けば、運気アップ!」といった、いわゆる“派生型の風水術”とは違い、古来より伝わる風水術を元に検証した、伝統的な技術なのです。

陰陽五行説

詳しくは知らなくても、実は私たちの文化や生活に深く根付いているのが「陰陽五行」の思想。

五行論は、紀元前3000年ごろに見つけられた河図(かと)と、紀元前2000年ごろに見つけられた洛書の解釈から、現代の五行論へ発展したと考えられている思想(書物として見つかっているのは、紀元前300年ごろとされている)。

「五行」というのは、万物を5つの元素(木・火・土・金・水)で表し、五元素の相生と相剋の相互関係で、森羅万象の原理原則を表すもの。風水は、万物を表す五行の相生相剋(自然の摂理)を利用し、人間が自然の中で共存、そして共栄していく為の「学問」の1つと言えます。

それでは早速、「陰陽五行」の思想を元にした、運気アップの方法を紹介していきます!



家庭円満でいたい!

家庭を持つ人なら、誰もが願う「家庭円満」。すでに問題を抱えている場合には、まずはその原因や足りないものを考えることからスタートしてみましょう!

Q.「家庭円満」に足りないもの・必要なものは、何だと思いますか?

①周囲への優しさ
②互いに感謝する気持ち
③家族間の信頼関係
④家庭内のルール
⑤お互いの品格

①周囲への優しさ

小林先生解説

周囲への優しさが足りないと感じる場合には、『仁』のエネルギーを補いましょう。 仁は『木』に属しますので、新緑等の淡いカラーの絵画がおすすめ。 また、抽象画の場合は、四角をモチーフにしたものを選ぶと良いでしょう。

②互いに感謝する気持ち

小林先生解説

互いに感謝する気持ちが足りない場合には、『礼』のエネルギーを補いましょう。 礼は『火』に属しますので、温かみのある紅いカラーの絵画がおすすめ。 抽象画の場合は、炎をイメージするようなものを選ぶと良いでしょう。

③家族間の信頼関係

小林先生解説

信頼関係がうまく築けていないと感じる場合には、『信』のエネルギーを補いましょう。 信は『土』に属しますので、自然界の山や大地を描いたものがおすすめ。カラーとしては、茶系、ベージュがベースになっているものが良いでしょう。 抽象画の場合は、台形を感じるものが良いでしょう。

④家庭内のルール

小林先生解説

家庭内のルールが整っていない場合には、『義』のエネルギーを補いましょう。 義は『金』に属しますので、クールなイメージで、白がベースになっている絵画がおすすめ。抽象画の場合は、円や球のイメージが良いでしょう。

⑤お互いの品格

小林先生解説

家族それぞれの品格が足りないと思う場合には、『智』のエネルギーを補いましょう。 智は『水』に属しますので、深海をイメージする『黒』『玄』のカラーを選ぶのがおすすめ。 抽象画の場合は、流線形がベースになっているものが良いでしょう。


とにかく「癒し」がほしい!

一言に「癒しがほしい」と言っても、その理由は人それぞれ。子育てや仕事、対人関係などなど、自身が癒しを求める理由を考えてみましょう!

Q.自身が「癒し」を求める理由は何だと思いますか?

①他人に優しくできないという自己嫌悪
②他人に感謝できないという自己嫌悪
③人間関係に疲れた(人に騙された)
④世の中のルールに縛られている
⑤将来に不安がある

他人に優しくできないという自己嫌悪

小林先生解説

他人に優しくできていないと感じるときは、『仁』のエネルギーを補いましょう。 仁は『木』に属しますので、新緑等の淡いカラーの絵画がおすすめ。 また、抽象画の場合は、四角をモチーフにしたものを選ぶと良いでしょう。

他人に感謝できないという自己嫌悪

小林先生解説

他人に感謝ができていないと感じるときは、『礼』のエネルギーを補いましょう。 礼は『火』に属しますので、温かみのある紅いカラーの絵画がおすすめ。 抽象画の場合は、炎をイメージするようなものを選ぶと良いでしょう。

③人間関係に疲れた(人に騙された)

小林先生解説

人間関係に疲れたときや、人間不信に陥ったときは、『信』のエネルギーを補いましょう。 信は『土』に属しますので、自然界の山や大地を描いたものがおすすめ。カラーとしては、茶系、ベージュがベースになっているもの、 抽象画の場合は、台形を感じるものが良いでしょう。

④世の中のルールに縛られている

小林先生解説

ルールに縛られて疲れているときは、『義』のエネルギーを補いましょう。 義は『金』に属しますので、クールなイメージで、白がベースになっている絵画がおすすめ。抽象画の場合は、円や球のイメージが良いでしょう。

⑤将来に不安がある

小林先生解説

将来に対する不安を感じている場合は、『智』のエネルギーを補いましょう。 智は『水』に属しますので、深海をイメージする『黒』『玄』といったカラーを選ぶのがおすすめ。 抽象画の場合は、流線形がベースになっているものが良いでしょう。


仕事で成功を収めたい!

「仕事で成功を収めたい」と考えるタイミングは、何かを新しく始めるときや、今の仕事で満足できていない時が多いのではないでしょうか? そんな時は、まず今の自分に足りないものを考えることから始めましょう。

Q.自身が「仕事で成功する」ために足りていないと思うものは?

①周囲への気配り
②周囲への感謝の気持ち
③人間関係や信頼関係
④自己犠牲や自分に対する厳しさ
⑤知性や品格

①周囲への気配り

小林先生解説

気配りが必要という事であれば『気』を高めなくてはいけません。 また、気を高めるためには、気を『放出』するのではなく、気を内に秘め、溢れ出せるようになりましょう。 その為に必要なエネルギーが『仁』となります。 仁は『木』に属しますので、新緑等の淡いカラーの絵画がおすすめ。 また、抽象画の場合は、四角をモチーフにしたものを選ぶと良いでしょう。

②周囲への感謝の気持ち

小林先生解説

周囲への感謝の気持ちが、あなたにエネルギーを与えてくれます。 どんなビジネスも、一人の力で成功はあり得ません。 仕事の人間関係だけでなく、家族や友人にも感謝の気持ちを持ちましょう。 その為に必要なエネルギーが『礼』となります。 礼は『火』に属しますので、温かみのある紅いカラーの絵画がおすすめ。 抽象画の場合は、炎をイメージするようなものを選ぶと良いでしょう。

③人間関係や信頼関係

小林先生解説

周囲との関係で、他人を信じる力が必要になります。 周囲に信用して貰えるように努力するのではなく、自分自身が周囲や自分を信じる力を高めましょう。 他人を信じる為にも、大きなエネルギーが必要です。 その為に、必要なエネルギーは『信』。 信は『土』に属しますので、自然界の山や大地を描いたものがおすすめ。カラーとしては、茶系、ベージュがベースになっているものが◎。 抽象画の場合は、台形を感じるものが良いでしょう。

④自己犠牲や自分に対する厳しさ

小林先生解説

自己犠牲の精神や己に対する厳しさは、ビジネスの成功に欠かせない存在です。 そういった感覚が、周囲からの信頼を生み、本当の意味での『力』を与えてくれます。 その為に必要なエネルギーは『義』となります。 義は『金』に属しますので、クールなイメージで、白がベースになっている絵画がおすすめ。抽象画の場合は、円や球のイメージが良いでしょう。

⑤知性や品格

小林先生解説

本当の成功者は、『智性』と『品格』を兼ね備えます。 日々、学び、経験を積む事によって、創られる『品格』を高めましょう。 その為に必要なエネルギーは『智』となります。 智は『水』に属しますので、深海をイメージする『黒』『玄』のカラーを選ぶのがおすすめ。 抽象画の場合は、流線形がベースになっているものが良いでしょう。


さいごに

お気付きの方もいるかもしれませんが、風水を整えるのには「〇〇運アップ」という括りではなく、お悩みや目標を明確にすることがとても大切。
自分のお悩みや目標を明確にした後は、自分好みでアートを選んでOK。お部屋に飾ってテンションの上がる、落ち着く、心地よいアートを選んでみましょう! また、定期的にアートを交換することも効果的です。

さらに詳細な情報を知りたい方は、小林先生に相談をしてみてくださいね!