風水師とは ?

風水師とはざっくりいうと、風水について熟知している専門家のことです。

陰陽五行説や、四柱推命、風水に関わる地理の知識など、幅広い様々な知識が必要とされる職業です。

知識を深く理解するだけけでなく、それを活用することで風水師と言えます。

風水師に資格はあるの?

風水師には国家資格ではありませんが、民間の資格があります。

資格がなくても風水師になることもできます。

基礎知識を学んで資格を取ることも大切ですが、風水師に最も必要なのはスキル経験です。

もちろん知識や資格で基礎知識の勉強をすることは大切ですが、それ以上に活用するうえでのスキルや経験は何よりも重視される点です。

実際の風水鑑定においてどれだけ多くの件数を正しく鑑定したか、どれだけの技術を実践から習得することができたかは風水師にとって大切なポイントです。

風水には命に関わるような危険とされている知識も含まれるため、風水師として正しく鑑定することは非常に重要です。


風水師の先生の選び方

風水師になりたいと思っても実際に先生を選ぶのは難しいのでは?と考える方が多いと思われます。

そこで先生を選ぶとき覚えておきたいポイントをご紹介します。

風水には様々な伝統が家系図のようにあります。

先生がどの伝統を受け継いでいるのかを調べることがポイントです。

先生が学んだ先生を辿っていくと正しい流れを学ぶことができるかを判断することができます。

良い先生に出会うことが風水師になることにおいて最も重要であると言っても過言ではないので、先生についてできる限り調べることも必要です。

風水師になるのにかかる時間

本来の風水はお墓なども扱うため、プロの風水師として仕事をできるようになるまでは最低3~5年ほどかかると言われています。

知識を習得することが要求されるうえにスキルと経験を身につけていかなければならないため、資格を取ってすぐに仕事にすることは困難です。

おわりに

風水師になるにあたってインテリアなどの資格と合わせてとる人も増えています。

風水に大きな影響を与えるとされている絵画を風水インテリアのひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

https://casie.jp/divination

風水に合わせた絵画が運気ごとに特集されていますので実際に効果を感じてみるのもおすすめです。