子供部屋と風水の関係

成長過程にあるお子さんの為に、過ごしやすい部屋を用意してあげたい気持ちは親御さんなら誰もが感じている事でしょう。

「木」の気を持つ純粋な子供は、大人より風水の影響を受けやすいと言われています。ですから子供部屋を少しでも風水的に良い配置にする事で、絶大な効果を発揮する可能性があります。

勉強しやすい環境をつくりあげ、お子さんのやる気をアップさせてあげましょう。

方角別でみるインテリア配置

人間は、長い人生の多くを睡眠に費やしています。ですから、寝るときの方角や寝具の色などは風水的に見ると非常に重要なポイントとなります。

お子さんの健康と安全を守る為に、是非枕の方向を東に向けましょう。

東は、チャレンジ、元気、若い人の活力源となる方位です。 また、この方位に子供部屋があると、家族全体の発展運が高まっていきます。

北側は学習机の向きにおすすめです。北は、落ち着くことができる方位。勉強への集中力を高め、成績アップに繋がります。また、上述した東向きも良いでしょう。

西

西の方角は基本的には子供向けの方角ではありません。

理由として西は夕日が沈む方位で、若々しい朝日の気を持つ子供とは、相性が良くないのです。

もし家の西側に子供部屋を持っている方は、 部屋の中心から見て東側に背の高くなる観葉植物を置きましょう。

南は「火」の気を持つ方位。芸術性や才能を開花させます。

この方角には幹が太くて生命力が強い観葉植物を置く事をオススメします。
たとえば、パキラ、青年の樹、ゴムの木などです。

成長に合わせて色味を変えよう

小学生編

現代風水の中では、“色”が人に及ぼす生理的反応や心理的作用を調査し、そこに「気」がどう関わるのかを研究した「カラー風水」というものがあります。科学的に立証された「カラー風水」は特に成長期のお子さんには効果を発揮します。

その中でも青は鎮静効果があり、穏やかな海のようなブルーを身のまわりに配置すると子供の集中力アップに繋がると言われています。

たとえば、クッションやデスクマット、ブックカバーなどに青を取り入れてみると良いでしょう。

緊張しがちなお子さんであれば、青だけでなく青紫を加えると、リラックス効果がプラスされ、心の乱れを落ち着かせる事が出来ます。

中学生編

中学生の時期は複雑な感情を抱くようになり、情緒豊かな時期と言えます。

そんな思春期の子ども部屋にポイントでダーク系のインテリアを加えてみるのも良いでしょう。

心を落ち着かせ、勉強に集中できるようになります。黒は 「智」のパワーを持ちます。

部屋全体を暗くするのは運気を下げてしまう為、黒はあくまでもポイントカラーとして使ってみましょう。

また、「個性を伸ばせる部屋づくり」としてオススメなのが、自由に組み合わせることが出来る家具です。

思春期のお子さんの自我を育て、前進する力を生み出しやすくなります。

NG行為

人物のポスターを貼る

ポスターの視線が「火」の気を持っている為、お子さんの集中力を削いでしまいます。

また、天井にポスターを貼って就寝すると、寝ている間に吸収できる運が半減してしまうので注意が必要です。

モノを出しっぱなしにする

風水は部屋全体を清潔にして、気の流れを良くする事が第一条件です。
片付けがなされていないと、集中力を阻害したり、あきっぽい性格になったりする可能性があります。

しかし、ここで親御さんが全てやってしまっては子供の自立心が育っていきません。なぜ片づける必要があるのか、論理立てて説明してあげましょう。

また、いらないものが溜まると、新しい良いものが入ってくる余地がなくなってしまいます。学校から持ち帰ったプリントや解き終わった問題集など、不必要となったものは処分していくようにしましょう。

まとめ

風水を活用する上で一番大切な事は、無理をせずに日常に取り入れていく事です。
子供に無理強いをすれば、本来目指したい「良い気を持った部屋」からは遠ざかってしまいます。

おうち時間が増えたこのような時期だからこそ、お子さんと一緒に部屋づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

お子さんのお部屋を運気をアップさせる方法の一つとして、アートを飾るのもオススメです。

レンタルならアートを気軽に、尚且つお洒落にお部屋のインテリアとして飾る事が出来ます。

是非こちらをチェックしてみてください。

https://casie.jp/divination

あなたはどの運気を上げるべき!? 

風水は上げるべき運気の種類によって置くべきものも少し異なるので、まずはどの運気を上げるべきなのかを知る必要があります。

自分がどの運気を上げるべきかを知りたいという方は下記の診断をやってみてください。

簡単な質問に答えるだけで今上げるべき運気の種類がわかります!