風水的にみた花の絵の効果

環境を整えて運気をアップさせるのが風水の考え方。風水に花の持つ「気」の力を取り入れたのが花風水です。花風水では生花を飾るのが一番効果が上がるとされていますが、目的の方角に花を飾る場所が無かったり、場所はあっても暑かったり寒かったり危険だったりと、花を飾るのに向かない場所である場合があります。そんな時に花風水として取り入れたいのが花の絵を使う方法です。今回は花を生けることができなくても、花の絵を飾ることで風水的効果を得ることができる方法を紹介いたします。

花の種類別効果

◯桜の絵
桜の絵には「以心伝心」というハッピーな意味があります。片思いの恋愛を実らせたい時、夫婦や家族の絆をアップしたい時に、ぜひ取り入れたい絵画です。

◯果物の絵
果物の絵は、お金持ちにしてくれる幸運を呼ぶ絵です。桃は魔除け、みかんは金運アップのフルーツ。収入が増えて、潤いのある家計になります。

◯バラの絵
バラの絵は恋愛運と結婚運にいい、ロマンティックな絵画です。自信を持たせてくれる花なので、告白したい時やアプローチしたい時にもおすすめです。

◯牡丹の絵
牡丹の絵は「奥ゆかしさ・恥じらい」の意味があります。独りよがりな気持ちを抑えてくれるので、傲慢になりやすい時に最適です。

◯ざくろの絵
ざくろの絵は子宝運と愛情運アップの絵画です。欲しいタイミングに赤ちゃんを授かりやすくなります。幸せのシンボルです。

高さ

壁面に対して大きすぎたり、絵の数が多すぎると圧迫感で殺氣となり、逆に何も彩りがないと殺風景で殺氣となります。

目安としては、壁面に対して1割程度が絵画スペースになっているとバランスが取れてきます。

また、壁の4面に絵を置くのも情報過多で圧迫感が出てしまいますので、1面もしくは2面が適度な配置。

配置する高さについては、極端に見上げたり、床に置いたりではなく、歩く時の目線やイスに座ったときの目線の高さくらいがちょうど良いです。

◆その他

  • 恋愛運:ピンク
  • 人脈運:グリーン
  • 仕事運:ブルー
  • 結婚運:ホワイト
  • 健康運:グリーン
  • 金運:イエロー
  • 成功運:ブラウンとイエロー
  • 最強運:七色
  • 魔除け:エメラルドグリーン
  • 事業発展:アクアブルー
  • 家運隆盛:レッド
  • 決断力:ブルー

といったのセオリーもありますが、色彩はあくまで組み合わせ&好みですので、ご自身や一緒に住む方が、実際にどんな連想・イメージがわいているのか?今のご家庭の事象はどうか?から、判断していきましょう。

「この絵どう?」と実際に一緒に住む方に聞いてみるのもよいですね。

まとめ

https://casie.jp/divination

あなたが高めたい運気とは!?

自分が求めている運気が分からない!という方は下記の診断フローを試してみて下さい!

あなたの本当に高めたい運気が分かるはずです!!

https://casie.jp/feng-shui/pre