風水的に方角がもつ意味とは?

風水を考える上で、8つの方角にそれぞれどの運気があるのかを知っていると、

方角によって色を使い分けたりすることで運気を上げることができます。

今回はざっくり東西南北の4方角について解説します。

4方角をこの記事を閉じた後もなんとなくざっくり覚えていていただければ幸いです!

① 北

北は貯金などの大事なものをしまっておくイメージです。

大切なものを保管するのに向いている方角ですので、通帳や印鑑などは北にしまうのがおすすめです。

北は運気を貯蓄して大きくする効果もあるのでお金が増えるパワーがあるともされています!

お金だけでなく、写真などを置くと愛情も増えるとされています。

ピンクが北のラッキーカラーです。

② 東

東は仕事運勉強運の方角です。

東は太陽が昇ってくる方角なので活気あふれる運気が舞い込みます。

スポーツ運なども東の方角は良いとされているので表彰状やトロフィーなどもこの方角に飾ると良いです。

などのはっきりした色がが東のラッキーカラーです。

には精神を落ち着かせる作用があるので勉強や仕事運を上げたいという場合には青色を取り入れることをおすすめします!

③ 西

西は金運の方角です。

ラッキーカラーは黄色なので黄色のモノを西側に飾ると金運がアップすると言われています。

日光は風水において重要とされていますが、西日においては別で、太陽の効果が強く出すぎてしまうため、西日を部屋の中に入れすぎるのはNGです。

西日のさしこむ家は観葉植物なども枯れてしまうことが多いので西日がさす部屋は遮光カーテンを使うのをおすすめします!

④南

南は芸術運などの才能の方角です。

ラッキーカラーはグリーンで、デザイナーや作家など、文学・芸術関係の仕事をしている方はこの方角にある部屋で作業すると良いと言われています。

グリーンには癒し効果もあるので明るいグリーンの色のインテリアを取り入れると良い運気を取り入れやすくなります。

南に観葉植物などを置くことでさらに運気がたかまるのでおすすめです!

おわりに

東西南北、諸説はありますが風水についてざっくり知っていただけたら嬉しいです。

ラッキーカラーや方角に合わせて絵画を飾るとその効果は大きくなります。

ぜひ運気と方角にあったおしゃれな絵画をさがしてみてはいかがでしょうか。

絵画レンタルでは破損の保証もついていて、気分に合わせて部屋の雰囲気をガラッと変えられるので初月500円の際にお試ししてみるのもおすすめです!