寝室は一日の疲れを癒やしたり、ゆっくりしたい場所ですよね。
しかし「今の寝室のままで良いのであろうか。」「もしかしたらもっといい寝室があるのではないであろうか。」と考えたことはありませんか。
今回は風水を取り入れて、あなただけの居心地の良い寝室を一緒に創り上げていきたいと思います。

ベッドの配置に関してご紹介

①ベッドと壁に隙間がないようにしましょう

ベッドと壁の間に隙間ができてしまっている人はいませんか。ベッドと壁の間に隙間ができてしまうと、その間から気が流れてしまいます。4面あるうちの1面が壁とくっついていれば大丈夫なので、意識するようにしましょう。
ヘッドボードがある人は、ヘッドボードも壁にくっつけるようにしてください。そうすることにより気の流れが安定します。

②ベッドは梁の真下には置かないようにしましょう

梁の真下にベッドを置くのは危険です。梁の下には壁刀殺といって、悪い運気が流れています。寝ているときは無防備になっているのでダメージを受けやすくなります。 特に注意しなくてはなりません。そのためベッドは梁の下に配置するのは避けましょう!もし梁の下にしか置く場所がない場合はカーテンなどをして隠すようにすることをおすすめします。

③ドアの前にベッドを置くのは避けましょう

気の流れは入り口からといわれています。そのためドアの目の前に枕があると一見、気をたくさん吸収することができて良いのではないだろうかと考えがちですがその考えは違います。寝ている間は無防備になるので逆に気を吸収しすぎてしまい体調を崩す恐れがあります。これを防ぐためには、ベッドをドアの直線上に置かないことや、移動させるのが難しい方は何か仕切りになるものを置きましょう。

寝室の方位で決まるオススメの色をご紹介

①北側に寝室がある場合

北側に寝室がある場合は、「ピンク」がおススメです。風水で北は水の気があるため冷えやすい方角と言われています。そのため暖かみのあるピンクを添えることでバランスがとれるとされています。また夫婦運にも効果的といわれています。

②西側に寝室がある場合

西側に寝室がある場合は、「クリーム」や「イエロー」がおススメです。風水では西は金の気があると言われています。また金運に効果的な方角としてよく知られています。しかし金はすこし固いとされているためクリーム色で柔らかにすることによってバランスがとれるとされています。

③南側に寝室がある場合

南側に寝室がある場合は、「ベージュ」や「ホワイト」「緑」がおススメです。風水では南は火の気があると言われています。人気運がアップすると言われています。また木の気を取り入れるとバランスが良いとされています。観葉植物や天然素材のアイテムも取り入れてみてください。

④東側に寝室がある場合

東側に寝室がある場合は、「ブルー」がおススメです。風水では東は木の気があると言われています。そのためブルー系の色は木の気との相性がとてもよいのです。またブルーはリラックス効果があるので寝室にはもってこいの色ですね。また仕事運や勉強運にも効果的です。

おわりに

いかがだったでしょうか。方角によって効果的な色が違うことやベッドの配置も安眠をとるためには考えなければいけないことだとわかりましたね。ぜひ自分の寝室を確認して実践してみてください!
効果があらわれるかもしれません。

「運にそってベッドの配置や寝室の色を変えたいけど自分にどの運が今必要なのかわからない」と思った方はいらっしゃいませんか。そのような方はぜひこちらの診断を試してください!きっと今必要な運勢がみつかります!
https://casie.jp/feng-shui/pre