みなさんはアートと聞いて何をイメージしますか?

お洒落でインテリアに興味のある人が飾るもの・・・
美術館で鑑賞するもの・・・

アートの見方や感じ方がわからず難しそうだと感じる人もいると思います。
今日はそんなアートについて少しでも身近に感じられる方法をご紹介致します。
過去の記事で、照明の色を変えることにより暮らしやすく過ごしやすいリラックス空間を作ることができるという話がありました。

色による心理的効果は、照明だけでなくアート(絵画)にもあります。
リラックス効果のある絵を選ぶポイントで一番大切なのは色です。
絵画作品に使われている、絵の具の色がリラックス効果をもたらしてくれます。
色と心理的効果については過去の記事でも紹介がありましたが、今回は実際にアート(絵画)と効果を一緒に組み合わせて心理的効果を体験してみましょう。

まずは絵画作品のみを見ていきましょう。

絵画 レンタル 色の効果

いかがでしょうか。
どれも綺麗な絵ですね。
あなたの感想も聞かせてください。



次は絵画作品と効果を一緒に組み合わせて心理的効果を体験してみましょう。

▼「ルシヨン村 F15号」上林泰平

絵画 レンタル 色の効果

赤・・・食欲増進、新陳代謝を促進する、アドレナリンの分泌を高める、時間経過を早く感じさせる



▼「運命」NAO

絵画 レンタル 色の効果

黄・・・気分が明るくなる、判断力が上がる、記憶力が高まる



▼「アイスランドポピー」NAO

絵画 レンタル 色の効果

オレンジ・・・食欲不振を治す、空間に親しみが生まれる、エネルギーと開放感を感じられる



▼「リリー2」萩原 友里絵

絵画 レンタル 色の効果

緑・・・ストレスの減少解毒、疲れた目を休ませる



▼「空を漕ぐ」吉永蛍

絵画 レンタル 色の効果

青・・・精神を安定させる、集中力UP、食欲を抑える



▼「京鴨川夜景」加藤瞭

絵画 レンタル 色の効果

紫・・・想像力・創造力を促進させる、心と身体の回復を促す



▼「富嶽」吉野公賀

絵画 レンタル 色の効果

茶・・・心身をリラックスさせる、安心感と安定感を覚える


いかがでしたでしょうか。
絵画作品と心理的効果を見るとぴったり当てはまっているように思いませんか?
これはすでにあなたが今、絵画作品を見て心理的効果を感じているということなのです。
色の効果は絵画や照明だけでなくあらゆる物に関わりがあります。
何かを選ぶことで迷った時にはこの色の効果で決めてみてはいかがでしょうか。

さいごに、アートは難しい?

今回の検証で、最初に絵画作品を見たときよりも、色の効果と組み合わせてみることによりあなたとアートとの距離がグッと縮まったと思いますがいかがでしたでしょうか?

アートの見方や感じ方は自由です。
どのようにして好きな作品を選ぶか基準はそれぞれで、正解もありません。
今回ご紹介したアートの見方感じ方選びかたはたくさんある基準の中の1つです。


ぜひ、あなたに合った見方や感じ方でアートを楽しんでみてください。


CASIE MAGではあなたとアートの距離を近くにをテーマに心と生活が豊かになるよう情報を発信していきます。

あなたにとってアートが身近で心温まるものになりますように!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事