2018.10.06 更新

空麗愛 インタビュー

空麗愛,アーティスト,インタビュー
元々絵を描くことが好きだったことから、18歳頃絵画教室に通い始める。その後美大を卒業し、グループ展や個展などを行いながら創作活動を行う。現在は、イメージ画アーティストとして活躍中。
好きな作家:マルク・シャガール
Instagram:https://www.instagram.com/kurea888/
ブログ:https://ameblo.jp/reijyun

観る人を想う、ハッピーなインスピレーションアート
空麗愛(クレア)さんは、インスピレーションで得たイメージをアクリル絵の具で描く「イメージ画アーティスト」として活躍している。基本的に描くモチーフは決めておらず、頭に浮かんだものを描いていく自由なスタイルだ。
アーティストには作品に自分自身の感情をぶつける人も多いのではないかと思うが、空麗愛さんの場合、感情をぶつけながら作品を描くことはないという。


▲「霊峰富士」空麗愛
▲「赤い月」空麗愛

「感情を込めるよりかは、観た人が気持ちよくなるようになるべく”無”の気持ちで描いています。観た人が気分を悪くしないように、自分自身も状態が良い時に描くようにも心がけています。」そんな心がけからか、マイペースにをモットーに創作活動を続ける空麗愛さん。
どんなアーティストになっていきたいかという質問に、「愛のあるアーティストになりたい!愛にあふれた作品を作っていきたいですね。」ととびきりの笑顔で答えてくれた。
もうすでに、空麗愛さんの作品には愛があふれていると思う。しかもそれは自己中心的な押し付けの愛ではなく、人のためを想う自然体の「愛」なのだ。
編集後記
作品を描く上で、大切にしていることってそれぞれのアーティストさんによって全然違うのだと思うけれど、空麗愛さんの場合、インスピレーションで得たイメージを描いているとはいえ、それはただただ自由に描いている訳ではない。作品を手にした人や観た人の気持ちとか、その先まで想像して描いているんじゃないかと思った。強い想いとかそういうのとは別の力「ハッピーなパワー」が空麗愛さんの作品から漂ってくる。
空麗愛さんの作品はこんな場所に合いそう
赤い富士(「霊峰富士」)は、ホテルや会社のエントランス、応接室などにもぴったり。1枚あるだけで、その空間の格がぐんと上がる気がします。その他の淡いカラーの作品なんかは、クリーンなイメージの場所にマッチしそう。病院や学校などの、人がたくさん集まる場所も◎。
interview&text:miwo tsuji