2018.10.06 更新

キャサリン響 インタビュー

キャサリン響,アーティスト,インタビュー
ライティングの仕事を経て、現在は語学関係の仕事をしながら創作活動を行う。小さなスケッチブックと100円均一の絵の具を使って描いたことから始まった創作活動、現在は、倭色(和の色)を使った作品も制作中。
Instagram:https://www.instagram.com/catherine_hibiki/

万華鏡を覗いた時みたいな感覚。溶けて混ざり合うアート
「インクとか絵の具が、勝手に流れて混ざるようなそんなのが好きなんです。」
混ざり合って、溶け合うような、独特の質感。キャサリンさんの作品からは、とろけるような感じとか、みずみずしさとか、そんなものをすごく感じる。「母が持っていた画集を幼い頃に見て、幼いながらにダリの作品が衝撃的でしたね。作品から想像したりするのが昔から好きでした。」自分自身の作品も、”どんな感情で描いたのだろう”と想像してもらえたら嬉しいと話す。


▲「水」キャサリン響

▲「森の中」キャサリン響

一時期は、文章を書くことで生きていこうと思っていたキャサリンさん。
絵を始めてからは、それが生活の一部となり、仕事も創作活動を続けられるような仕事を選んだ。
絵を描くことは、自分で自分自身を癒すような感覚だったり、心の膿を出すような感覚だったり。その日の気分や状況で様々だという。そしてまたそれは観る人も同じであると考える。
「同じ作品でも、昨日と今日では見え方が違うと思うんです。ハッピーハッピー!みたいなのは苦手。負の感情を抱いている時こそ明るい色を使って描いたりするんですよね。そんなことも含めてそれぞれの受け取り方でみてくれたら嬉しいです。」
編集後記
闇の中に見えたり、明るい光に見えたり、その時々で見え方は様々。インクがじわっと溶け込む瞬間は、美しい。時にはキラキラした宝石にも見えるし、闇にも見えるキャサリンさんの作品。例えるならば万華鏡をのぞいた時みたいな感覚。
Moeさんの作品はこんな場所に合いそう
ごちゃっとした場所よりも、シンプルに飾るのがおすすめ。暗めの照明の空間にも素敵にハマります。空間に1つ足すだけで、高級感がプラスされそうです。
interview&text:miwo tsuji