2018.10.06 更新

Akira Sato インタビュー

Akira Sato,アーティスト,インタビュー
静岡県出身。ファッション関係の専門学校に通いデザイン画などを学び、その後アパレル関係の企業へ就職。その傍らで絵画の通信制スクールへ通い始め、本格的に絵を描き始める。現在は、スーツ生地を中心にテキスタイルデザイナーとして働きながら、創作活動を行う。
Instagram:https://www.instagram.com/akira.sato.9.3/

観る人をクギヅケにする、「色が色を魅せる」アート
深みのある色使いと、どこかアンニュイな表情を見せる女性。原画を観た時の感想は、「吸い込まれそうな美しさ」と言えば伝わるだろうか。
「アクリル絵具を、水で”コーヒー”くらいに薄めて、それを塗り重ねて、塗り重ねて、描いています。」全体のバランスを見ながら徐々に色味を塗り重ねていく。そんな工程が、奥行きのある色を作っているのだ。
佐藤さんの作品を見ると、全体的に寒色系の色が使われていることが多く、その中でも特に「青」が目立つ。「たしかに青を使うことが多いですね。自分の中の”寂しさ”とか”女々しさ”みたいなものなのかもしれません。でも子供が生まれてからはそれがなくなったような気がしています。」


▲「女性2」Akira Sato

▲「指輪」Akira Sato

「青の他には、”赤”をキーカラーにしています。ポイントとして唇におくことが多いですね。」”赤”に女性らしさを感じているのかもと、佐藤さんは話した。
「赤を魅せるための青、いや逆に青を魅せるための赤なのかもしれません。」今後の創作活動について、佐藤さんはこう話す。
「絵は自分にとって日常の一部で、お風呂に入るとかそんなことと一緒なんです。これに生かされているという感じもするし、この先もずっと描き続けていきたいですね。」
編集後記
佐藤さんが思いのままに塗り重ねた色たちが、観る人を魅了する。「色が色を魅せる」、そんな言葉が合っていると思った。そんな工程を重ねて生まれる、どこかアンニュイな女性の表情にドキッとさせられるのは私だけじゃないはず。
佐藤さんの作品はこんな場所に合いそう
おしゃれな美容系のサロンにはもちろん、ホテルの廊下やロビーなど人が多く行き来する場所にあるのも素敵。通りすがりの人を「クギヅケ」にする、思わず立ち止まらせるような魅力があるのではと思います。
interview&text:miwo tsuji