皆さんこんにちわ。
casieライターのkanocoです。

みなさんは普段から読書していますか?
読書は、私たちの内側を成長させてくれます。そんな魅力的なものです。

私は、最近本屋さんに行ったのですが、その時に本がカテゴリー別にされていて、そのカテゴリーの中に "芸術" というカテゴリーがありました。普段アートや芸術に関する記事を書いているものですから、自然と“芸術コーナー" に立ち寄ってしまいました。すると、そこには、 「読んでみたい!読んでみたい!なにこれ!?読んでみたい!」 って思うものばかりで驚きました。もう少し早く見つけたかったです、、、。

ということで、今回はその芸術コーナーで見つけたぜひ読んでもらいたい、そしてみんなが読んでいる人気のアートな本をご紹介したいと思いまーす!

絵画はこうやって読み解く。もっと絵画を見たくなる本。

絵画を見る時、なにを意識しますか? 「うーん、ただ見るだけ??」 なんてナンセンス!この本は、絵画のどこを見るべきか、主役はだれか、なにを意味するのか、など、絵画の読み解き方を解説してくれています。普段絵画を見ない方もおすすめ。へえー!ってなることがたくさんあります。この絵をどう思いますか?と聞かれたとき、すごいです。こんなシンプルな答えはやめましょう(笑)ぜひぜひ読んでみてくださーい!

皆さんの口コミ!

今まで何となく、教科書に出ているからとか美術館に展示しているから、ゴッホだからとか言ってうまい絵なんだと名画を鑑賞してきましたが、この書を読むと目からウロコ。そして、単なる手先の技術ではないもっと深遠なる絵を見せる技術の奥深さに驚きました。 風景画であっても見せるための計算された構図があったのですね。見たままではない何かを描く。 美術教育ではこのようなことは学ぶのでしょうが、この書に出てくるような知識を少しでも学校時代に学ぶことができていれば、今までの絵画鑑賞が異なっていたなあと思います。

「なんとなく」で絵を眺めてない人たちの頭の中を知れる一冊。実は一枚の絵でも作者が見る順番を誘導していたなんて知らなかった。構図や色など名画が名画たりうる理由を初心者にもわかりやすく絵付きで解説していて、とても美術館に行きたくなる内容だった。


ボォーっと見てるんじゃダメ!と怒られそうな本でした。絵画の見方なんて考えてもいなかったので、こんな事が隠されていたのか!?いや、隠すというより見えていなかっただけなんだなと判った。名画として生き残った絵には理由があるんだねぇ~。何も知らずに展示会へ行くよりは判ったほうが楽しいよね。カラー写真も盛りだくさんで解説も分かりやすくてとても参考になりました。

世界のエリートが芸術に夢中。エリートの頭の中のアートの意味とは。

ビジネスとアート、その2つには必ずしも関係がある、そう教えてくれるのがこの本。どんな関係があるのか、気になります。絵画には沢山の読み解き方、すなわちたくさんの選択肢が転がっています。ビジネスも同じ。見方を少し変えるだけで、アートが最高の“自分磨き”のツールに変わるのです!この本以外にもアートとビジネスとの関係を説明してくれている本がありますのでぜひ読んで読んでみてください!

皆さんの口コミ!

正解のない時代を考え抜き、日常の気づきから自ら学ぶ力を高める為に美術館に行く。 自分とアート作品の間にアートはある。 アートの中に自分の答えを考え、観察力や思考力を鍛える。

1時間もしないで読めるが、内容的には面白かった。答えのない問いに対して辛抱強く考え続ける、という点において哲学と共通する部分が多いと感じた。

美術館に行っても、作者のプロフィールや、時代背景、作品としてどう評価されたか、などばかりに注目してしまい、実はじっくり見ていなかったのではないかと反省‥。本当は、じっくり見る事で自分自身がどう感じるかが大切なんだろう。そして、そう感じた自分を客観的に見つめ直す事や、自分以外の人がどの様に感じているかを知る事。また、その感じたものを言葉で表現し、他者との異なった感じ方をお互いにやりとりすることが大切。アート作品を通じて、正解はない物事に何らかの正解を見つけ解決していく能力を養うことが「学び」なのであろう。

未知の世界、地獄ではなにが起きてる?

地獄。みなさん想像できますか?この本には、世界各国の宗教での地獄の捉え方や、地獄の風景を端的に説明してくれる本。未知の世界って大変気になりますよね。想像を超えての世界。興味がそそられますー!

皆さんの口コミ!

地獄についてわかりやすいまとめられていておもしろかった。 絵が多く最後まで飽きずに読めた。

世界中の様々な宗教がいかに地獄を捉えていたかを紹介。仏教が描く地獄観が最も恐ろしい。文章で説明するよりも図絵で地獄を描くことでインパクトが桁違いに大きくなる、と改めて痛感。

語り口が軽めでさらっと読める。色んな国の地獄が知りたくて読み始めたが写真も多くて楽しかった。特に地獄イメージ図が分かりやすい。ここだけ見比べるだけでも面白くてぱらぱらとめくってしまう。ピックアップされた絵画が宗教画に偏っていないのも◎。

そうだったのか!あの名画に隠されている秘密とは。

あの名画やこの名画、私たちの周りには様々な名画であふれています。しかし、この名画だだどんな意味が込められてるの?と聞かれると、おそらく 「??」 って感じになるでしょう。ある絵を見るとき会話が広がる、と言いますがそれはこういった絵画の意味を理解した上での話ですよね。美術の教養をしっかりと深めることで私たち人間の中身も磨かれると思います。これはシリーズであるみたいなので、全シリーズ読むのがおすすめ!

皆さんの口コミ!

毎度の事ながら中野先生の博識ぶりには圧倒されます。怖い絵を読んだ時は、絵画は予備知識が無ければ楽しめない贅沢品だと痛感しましたが、今作で当時の人達の絵画の楽しみ方が分かって良かった。そしてギリシャ神話の神々の強烈な個性…。想像以上にあらゆるものの語源になっていてびっくり。ヴィーナスは美の象徴ってイメージしか無かったけど、触らぬ神に祟りなしって事かな。

読み出すと止めれなくなって、一気読みしました。 ただ、眺めていただけの絵画が少しずつ動き出して語りかけてくるような幻想的な気持ちになりました。 読みやすくて、知らない間に美術の勉強が出来たような気にもなってしまいました。

わかりづらいギリシャ神話を中野さんの視線でわかりやすく、名作を使って解説した1冊。 ありそうでなかったがゼウスをはじめとした神様たちの相関図もわかりやすい!これを読んでルーブル美術館へ行ったのですが、今まで理解できなかった作品の理解が深まってより楽しむことができて満足。この名画の謎シリーズ、読破したい!

NO ART NO LIFE , アートのある暮らしの良さを伝えてくれる本。

NO ART NO LIFE 。まさにその通り。私もそう思います。アートに触れるホテル、アート旅、アートを飾る、。日時生活の中には、アートを〇〇、アートに〇〇、アートな〇〇、たくさん当てはまるものがあります。その1つ1つを丁寧に教えてくれる、そんな本です。

皆さんの口コミ!


奥村くみさんの二冊目が出版されるということで楽しみにしてました!
一冊目はライフスタイル的な内容でご本人の人柄、生活、お仕事に対する姿勢、そしてアートとをわかりやすくまとめられた素晴らしい一冊でした。
今回の二冊目はその一冊目を上回る充実した内容で、奥村くみさんが一番伝えたいであろうアート!アート!アート本に!
最初手にして開いた感想は写真が美しい。本というより写真集?というくらい素敵なお写真ばかりで見ているだけで上がりました。
そしてエッセイ部分も読み応え十分。私のようなアート初心者にもわかりやすく作品の取り付け方や実例も紹介されていて、アートファン、奥村くみさんファンにはもちろん!そのどちらでもない方にでも自信を持ってお薦めできる素敵で素晴らしい一冊です!!!

美術館に割と頻繁に行くけれど、『アートは美術館で観るもの』そう思っていました。
まず、季節ごとにアートを掛け変えるフレキシブルな発想に驚きました。親子さんのお話に胸が熱くもなりました。
飾り方やギャラリーの訪ね方も具体的で分かりやすく、実践してみたいと思いました。

本と映画の紹介では、私が持っている本や好きなアーティストの作品もあり、親近感を持ちました。
知らなかった作品を順番に読んだり、鑑賞してみたいと思います。
実に盛り沢山の内容で、アートがより身近に変わりそうです。おススメです。

奥村さんのインスタが素敵でフォローしていましたが、さすが1冊の本ともなると見応え読み応えたっぷり。
#つきでない文章からは奥村さんのアートへの熱い思いが溢れています。
おススメの作家さんも美術館もギャラリーも素敵。
現代アートは少し苦手でしたが、それは良い作品に出会えてなかったからなのだと気づきました。
これはこの本が良い指南書になりそうです。

今から本を読もう!

本を読むと教養がつく。ですから、本屋さんを見つけたらふらっと立ち寄ってみてください。新しい世界がたくさん広がっています🧚🏻‍♀️

そしてアートや芸術に興味があればぜひおうちに絵画を飾ってみてくださいね。深く深くてアートを探索して行くことで見えてくるものがあるかもしれませんね🧚🏼‍♂️

500円で原画を“2枚”飾ってみよう♪

絵画レンタル スタータープラン
「飾ってみないとわからない!」
そんなあなたにオススメのサービス登場。
↓↓↓

 

おすすめの記事