みなさんは、お部屋づくりをする上で、色を意識されたことはあるでしょうか。

インテリアを楽しむ上で、お部屋全体の色を考えることはとても大事になってきます。

それは、色にはさまざまな効果があったり、色を基準にお部屋づくりもしやすくなるからです。

今回は、インテリアにおける色に注目しながら、
ではその色をどのように活用すれば、効果的に使えるのかについてご紹介していきます!

お部屋のバランスが大切!

イメージ

インテリアにおいて大切な要素は、やはり全体的なバランスといえるでしょう。

・床に物を置きすぎている
・お部屋のテイストに合っていない物を置いている
・家具のサイズがお部屋に合っていない etc.......
 
お部屋をおしゃれで居心地のいい空間にしたいと考えると、
やはりこのような要素があると、お部屋のバランスが取りにくくなってしまいます。

例えば、お部屋の中が物であふれて落ち着かないという方は、
シンプルにしよう!と思うかもしれません。

しかし、シンプルにしすぎると逆に殺風景になってしまい、
さみしい印象になってしまいます。

そこで誰でも簡単に意識しやすいのが、お部屋の配色です。

・床や壁などのベースカラー 70%
・ソファーやカーテンなどの家具などのメインカラー 25%
・小物などのアクセントカラー 5%

このように、お部屋の配色にこだわってみるだけでも、印象は変わってきます。

色の効果

赤:活気、あたたかさ、食欲増進

橙:陽気、癒し、食欲増進

黄:希望、明るい、金運

ピンク:幸福感、愛情、リラックス効果

紫:高貴、静寂、回復

青:安らぎ、集中力、ダイエット効果

緑:安らぎ、さわやか、リラックス効果

茶:安定、温もり、穏やか

黒:クール、高級感、力強さ

白:ピュア、清潔

どの色を取り入れよう?

色にはそれぞれ効果があります。

あなたなら、どの色の組み合わせでお部屋に色を付けますか?

壁や床の色を基準にお部屋の配色を考えていくと、ベースカラーがある程度決まるので、
まずはそこから考えてみましょう。

次に、カーテンやソファーや小物などで、色の割合を調節してみると、バランスの良いおしゃれなお部屋づくりがしやすくなります。

絵画でお部屋に色をつけよう!

「お部屋のベースカラーやメインカラーは決まったけど、アクセントカラーは何にしよう?」

お部屋の中で少し色を付けたしたいとき、【絵画を飾る】ことで一気に雰囲気が変わって、
おしゃれなお部屋を作りやすくなります。

絵画にはさまざまな色が使われているので、
さきほど紹介した色の効果に合わせて、絵画を選んでみたり...
もちろん自分の好きな色が使われている絵画を飾ってみるのも、とても素敵ですね。



このように、絵画を飾ることによって、青色がアクセントカラーになり、
お部屋にインパクトをつけることができます。



こちらのお部屋は、白をベースカラーに、ベージュがメインカラーになっており、

絵画とお花でピンク色がアクセントカラーになっています。

このように【絵画を飾ること】は、お部屋のアクセントカラーになりやすいのです。

「でも絵画って高いんじゃないの?」

「絵画って飾ったことない、でも絵画を飾りたい」etc...

そのような方におすすめなのが、【アートレンタル】という選択肢です。



アートレンタルとは?


【アートレンタル】とは、絵画を借りるという新しいレンタルサービスです。

そんなレンタルサービスを行っているCasieなら、簡単に絵画をお部屋に飾ることができます。

Casieの特徴

・月額固定の一律料金で、予算を気にせずに利用できる
・作品のサイズによって、3つのプランから選択する
・作品はいくつかの質問により、絵画が届いたり、自分で好きな絵画を選ぶことができる
・作品の交換もできる
・絵画が初めてでも、専門家による相談が可能
・絵画はすべて原画
・絵画の作品とともに、そのアーティストさんの情報が届く

絵画を飾るということ

イメージ


「お部屋のアクセントカラーにするのは、なにも絵画にしなくてもいいじゃない」

ですが、絵画を飾ることでしか得られないこともあります。

絵画を飾ることで、お部屋に新しい空間を作ることができ、
自分だけの特別な空間ができます。

また、絵画がきっかけで家族や友達、恋人との間で会話が生まれます。
そんな会話の中で、新しい発見をするようなこともあるかもしれませんね。

毎日の暮らしにそっと寄り添ってくれるような、そんな魅力のある絵画。

視覚的には、アクセントカラーになってくれたり、いくつかの効果をもたらしてくれる絵画は、
インテリアに取り入れるには最適と言えるでしょう。

さきほど紹介したCasieが、気になる方はこちらをクリックしてみてくださいね。

あなたもぜひ、毎日のくらしに絵画を取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事