来客を迎える応接間は、会社の顔とも言える大切な存在です。応接間の印象はオフィスの印象を決定づけ、また商談の成功にも関わります。

そこで今回は、応接間の重要性と空間作りのポイントについてまとめてみました。

オフィスにおいて重要な応接間

応接間は、オフィスにおいて大変重要な場所です。常に使われる場所ではありませんが、その役割は非常に大きいです。

まず、初めて訪れるお客様にとって、応接間はそのオフィス、ひいては取引をする企業のイメージになります。第一印象の大切さは、言うまでもありません。応接間は、そんな第一印象を決める空間です。

殺風景で何もない部屋であれば、いまいちな印象になりますが、インテリアがしっかりと整った応接間であれば、お客様に好印象を与えることができます。

また、応接間は大切な商談をまとめるために使う部屋です。商談の内容によっては、相手の感情の機微により、その成否が大きく変化することがあるでしょう。場合によっては、相手にとって受け入れがたい難しい要求をすることもあるかもしれません。そんな時に、強い味方となるのが応接間です。

応接間を整えておくことは、取引先に誠意を見せるだけではなく、相手の感情を良い方向に傾ける力となります。

空間作りのポイント

応接間を作る時は、どんな目的があっても、「過ごしやすい空間」であることを意識しなければなりません。来客者にとっても、応対する社員にとっても、快適性は大切な要素になります。

応接間の快適性に関わるポイントとして挙げられるのが、動線です。動線とは、部屋の中で人が移動する点を、線で結んだもののことを言います。応接間であれば、入り口からソファーまでスムーズに移動できること、逆に退室の際にも家具を迂回する必要がないことが求められるでしょう。

次に重要なのが、視線です。応接間であれば、その部屋で過ごす時間の多くは、基本的にソファーに座って過ごすことになります。その際に、お客様の視界がどうなるかを考えましょう。基本的に、視線の先に窓があったり、あるいは観葉植物などがあったりすると、部屋が広く感じることができます。お客様の視線を遮らないよう、注意しましょう。

次に大事なのが、部屋の中に視線の集中する場所を作るという点です。部屋に入った時、目に入るものを置いておくことで、空間自体にメリハリがつき、格式の高い空間を作り出すことができます。


絵画が一つあるだけで、応接間に視線の集中する部分ができ、格式が高い部屋へと変身します。応接間に配置する絵画をお探しなら、Casieのレンタル・リースサービスをご利用ください。Casieでは月額で絵画のレンタルを行っています。年間で最大5回まで、自由に絵画を着せ替えられますので、季節の変化に合わせてお好きな絵画をお選びいただけます。気になる方は、まずはお問い合わせください。

アートの魅力

空間づくりにインテリアアートを取り入れよう

アートに関する豆知識

絵画レンタルならcasieへ

会社名株式会社casie
住所〒536-0002 大阪府大阪市城東区今福東2丁目6−19
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事