店舗を作る際に、重要なのが「良い雰囲気を作ること」です。居心地の良い店舗を作ることで、顧客の滞在時間が長くなり、多くの人に愛される空間になります。そうした空間を形作る要素の一つが、インテリアです。


こちらでは、インテリアにこだわるメリットと店舗作りのポイントについてまとめてみました。

店舗におけるインテリアの重要性

インテリアにこだわることは、店舗を作るうえで大変重要です。店舗の第一印象を決定づけるのが外装や看板なら、内装はリピート率に大きく影響します。


例えば、落ち着いた雰囲気のカフェにビビットカラーの小物を配置したり、電飾で壁を覆っていたりしたら、落ち着いた雰囲気にはなりません。一方で常に盛り上がっている、お酒を提供するような場所であれば、上述したようなインテリアでも問題ないでしょう。むしろ、ファンが増加し、リピート客を作り出すことが期待できます。


このように、お店の雰囲気に合ったインテリアを配置することで、顧客の心理状態を誘導し、再訪するファンを増やすことができます。
また、店舗の雰囲気を決定づけるのはインテリアだけではありません。音や香りといったものも、お店の雰囲気を決定づける要素です。具体的に、以下の要素に分けることができます。

店舗の色は、回転率や入店率、購買数に大きな影響を与えます。

形とは、内装や装飾だけではありません。制服やメニューの形なども、お店の印象に変化をもたらします。

店内の音楽が激しいのか、ゆったりとしているのか、そうした変化もお店の雰囲気に影響します。

香り

香りは、人の気持ちに大きな影響を与える要素です。店舗の雰囲気に合う香りにすることで、顧客の滞在時間を長くすることができるでしょう。

店舗のインテリアはどう決める?

理想通りの雰囲気を作り出すためには、まずコンセプトを決めることが大切です。お客様とスタッフが一緒に盛り上がるお店なのか、それとも、落ち着いた雰囲気で長い時間を過ごすことのできるお店なのか、自分が理想とするお店を思い浮かべましょう。


もし全くイメージがつかないというのなら、同業他社を巡ることをおすすめします。その中で、自分が再訪したいと思ったお店の傾向を分析し、そうしたお店に近づける形で雰囲気を作るのが最適です。


自分の作りたい雰囲気が決まったら、それに類したインテリアを選びましょう。例えば、高級感のある内装にしたいのであれば、木目調のインテリアアートを選び、薄い色合いで統一してみましょう。インテリアを選ぶ際には、コンセプト設定と同様に、同業他社のインテリアが参考になります。もちろん、完全に真似するのではなく、自分の好みも入れて、いくつかアレンジすることで、オリジナリティがある店舗内装が完成します。

店舗のインテリアコーディネートにお悩みでしたら、Casieのレンタルサービスを活用してみませんか?インテリアアートは、そこに飾るだけで店舗の雰囲気が変わるだけでなく、どのようなアートをセレクトするのかによって個性を演出することも可能です。Casieでは、インテリアアートをお手頃な価格でレンタルできるサービスを実施しています。レンタルにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

アートの魅力

空間づくりにインテリアアートを取り入れよう

アートに関する豆知識

絵画レンタルならcasieへ

会社名株式会社casie
住所〒536-0002 大阪府大阪市城東区今福東2丁目6−19
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事