インテリアアートをどのように鑑賞するのかは、見る人やアートによって大きく異なります。しかし、鑑賞しやすい飾り方、あるいは多くの人にとって見やすい飾り方は、ある程度統一化されているのです。

そこで今回は、部屋にインテリアアートを飾る際のポイントをご紹介していきます。


飾る高さを意識しよう

インテリアアートを飾る時は、「見やすい場所」に飾るようにしましょう。高すぎても低すぎても、バランスが悪くなり、せっかくのインテリアアートが見えにくくなります。

インテリアアートを飾る際の適切な高さは、自分の目線の高さです。身長から10cmもしくは20cm程度を引いた数字が、おおよその目線の高さになります。この高さにインテリアアートを飾ることで、インテリアアートをまっすぐに見つめることができ、アートを楽しむことができるのです。

自分が楽しむだけではなく、他の人を楽しませることを前提としているのなら、鑑賞するお客様の平均的な目線の高さを参考にしましょう。基本的に、日本人の目線は140cmから150cmにあるとされていますので、これを基準にすると良いです。

ただし、座って鑑賞することが多いのなら、座った時の高さに合わせるようにしましょう。

空間とのバランスを大切に!

インテリアアートを部屋と調和させるために、重要なこととして挙げられるのが、「空間とのバランス」です。

例えば、巨大なアートを部屋に飾る際に、意識しておきたいのがその「余白」です。余白の美というものは確かにありますが、大きく余白が開いてしまうと、それだけで違和感があります。そのため、壁にアートを飾る時は、余白を統一化するといいでしょう。

それほど大きくないサイズのインテリアアートであっても、壁の中心部にあれば、部屋とアートの調和が取れ、印象的な飾り方をすることができます。

もう一つ重要なのが、作品の色合いと空間のバランスです。部屋の雰囲気と、アート自体の色合いにバランスを持たせることによって、より調和した、美しい部屋にすることが可能です。照明を使って色合いを変えたり、壁の色を工夫したり、アートをより美しく魅せる工夫を凝らすのもいいでしょう。


インテリアアートは飾り方を変えるだけで、その人の個性と趣向を表現することができます。インテリアアートをマンションに飾りたいとお考えでしたら、Casieのレンタルサービスをご利用ください。Casieのレンタルサービスは月額制で、質の高い原画を提供しています。これまで、病院やレストラン、展示場などに利用されてきた実績があります。高品質なインテリアアートをレンタルしたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

アートの魅力

空間づくりにインテリアアートを取り入れよう

アートに関する豆知識

絵画レンタルならcasieへ

会社名株式会社casie
住所〒536-0002 大阪府大阪市城東区今福東2丁目6−19
電話番号050-5437-6142 (平日10時〜18時)
メールアドレスsupport@casie.jp
URLhttps://casie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事