MORE ARTIST

唯一やめなかったのがこれだった。ブレない格好良さで 自由に描く / 絵画アーティスト シガ リョウタ

Ryota Shiga’s Profile
中学生の頃、自宅の外壁に大きな壁画を描いたことがはじまり。
アパレル、役者、納棺師、飲食店経営など様々な仕事を経験する中、たった1つやめなかったのは「絵を描くこと」だった。音楽・自然・人・全てのものからインスピレーションを受け描く作品は、日本のみならず海外でも評価を受けている。

受賞実績
・2016 創彩展 新人賞 東京都美術館展示
・2017 自然の森を描く展 上位入選
・2017 上海 日中現代作家交流展参加
・2018 NY jcatshowcase oneartgallery 参加
・2018 3月 NY japaneseselectedartist参加
・2018 8月 NY jcat 「we」プレアデスgallery 参加
NY マンハッタンのアーティストチーム 「jcat 」所属
・2018 2月 現代人気美術作家年鑑 掲載 評価額「30万円」

Instagram:https://www.instagram.com/ryota_shiga/
web site:https://www.jcatny.com/ryota-shiga

 

様々な仕事を経験してきたシガさん。
その中で唯一辞めなかったこと、それが「絵を描くこと」だった。

「お酒を飲むとストレスが解消するじゃないですか。きっとそれと同じ感覚なんですかね。絵を描いていると心が落ち着くんです。」

子供が絵を描くのに、理由やスタイルは無い。
それと同じで「描きたいから描く」それがシガさんのスタイル。

そんなシガさんの自由なスタイルは、作品を見れば納得ができるような気がした。
コレと決めて縛られるようなことはなく、常に新しいものを生み出しているのだ。

独特な世界観と、タイトルに秘められた意味に、心惹かれる。

▲「君を食べてみよう」シガ リョウタ

▲「愛の形」シガ リョウタ

 

「今でも、画家が何なのか絵描きさんが何なのかって、正直分からないですね。でもとりあえず描きたいから描いています。これがあるから何とか生きていられるんです。」

シガさんにとって「絵を描くこと」は、生きる意味を見出す方法でもあれば、生活の一部でもある。
思いのままに描きたいという一心から、最近は絵の依頼もほとんど受けていないという。

自分の描きたいものを描く、それだけ。
シガさんからはそんなブレない格好良さを感じた。

 

編集後記
シガさんからは、生粋のアーティスト感というかなんというか、そんな男らしい部分を感じた。
ジャンルや技法にとらわれず描く作品たちは「こんな作品も描いていたのか!」と思わずびっくりすることも。そんないつも新しくって自由なシガさんのアート。次に描かれる作品も楽しみだ。

シガさんの作品はこんな場所に合いそう
「もっと日本人にも、アートを気軽に楽しんでほしい!」と、シガさんと話した。
だからこそ、アートに詳しくない人にもたくさん見てもらえる場所がいいなぁと思います。
飲食店や人の集まる施設はもちろんですが、駅や街中などたくさんの人の通る場所なんかも素敵。

interview&text:miwo tsuji

customer-voice

立ち飲みBAL@森小路 M3様/絵画レンタル導入

私は今年の7月に脱サラして、兼ねてから念願だった立ち飲みBALをオープンしました。

焼き鳥を中心に、気軽にお客様に立ち寄っていただける空間に育てていきたいと思っています。

 

絵画レンタルサービスのCasieさんを友人からの紹介で知り、

「絵画を店に飾るのアリだな〜」ってすぐに感じました。

だけどきっと料金が高くで自分のような始めたばかりのお店にはちょっと厳しいかな・・・・って思ってましたが、

「どの作品を選んでも補償料も込みで5,300円という安さには驚きました」

「あっ、まぁ高いと思う人もいるかもしれないけど」

 

作品リストを拝見しましたが、数が多すぎて全く選べなかったですね(笑)

結局Casieさんに選んでもらっちゃいました。

僕は美大卒業でもなければ、今までの仕事でも絵画とは無縁だったし。

自分が選ぶよりも、専門家に選んでもらった方がいいな〜って思ったのでお願いしました。

 

まず電話でうちのお店の雰囲気とか写真とかを送らせてもらって、返事を待ってたら。。。

なんとその日のうちにCasieの社長さんが飲みに来てくれたんですよね(笑)

いや〜マジかよ!って思いましたよ。びっくりしました。

ラフな感じにお話もできましたね。

「もうイメージできました〜額装して送りますね〜」って言ってほろ酔いで帰られました。

そこから1週間くらいしてお手紙と一緒に絵画が届きました。

いや〜まず「デカイな!」って一人でツッコミましたね。

そして開封してからもこれまたびっくりで、めちゃくちゃ豪華・・・・。

「これ5,300円ってマジで!?」って何回も一人で呟きました。

 

▼ラティメリアーティクル/毛利田有人

 

いや〜うちの赤い壁にバッチリですね。入り口からも丸見えなのでかなり目立ちます。

もう一発目から惚れ込みました。さすがの選ぶセンスですね、僕ならたどり着けなかったです。

 

飾るのも説明書が入っていたので簡単でした。ちょっとドキドキはしましたけど。

まず持ってカナヅチがお店になかったので、隣の百均で買いました(笑)

 

意外とまっすぐに飾るのが難しかったかな。

スマホアプリでちゃんと平行に飾れてるか調べられるのがあって、それを不慣れながら使いながらやってましたよ。

なんとか無事に飾れました。思ったより簡単。

 

お店にこの絵画がやって来てから、お客さんからの評判がいいですね。

まず会話の中にこの絵が出てくる。

「素敵な絵を飾ってるね、これどうしたの?」って。

まぁその度にぼくはCasieさんのこと紹介してるんですよ、営業代行ですねマジで(笑)

 

この絵はぼくにとって何と言うか、初めてなんです。

初めてお店を出したし、初めて絵を飾ってみたし。

しかも眺めてるといろんな表情をしてる魚!?でいいのかな。がいるんですよ。

勝手に色々と想像してますが、

「人に何を言われても、気持ちが登る時も、落ちる時も。ピシッと店やって行こう!」って気合が入る。

Casieさんの絵画レンタルサービスは着せ替えもできるっていいですよね。

ただ今の所これかなり気に入ってるのでね〜。どうしよう。。。。

 

LINEの待ち受けもこの絵にしてますからね、ぼく(笑)

お店もこの絵のように昇り竜(勝手に命名してます)していきますよ〜。

このインタビューを誰かが見てくれたら、ぜひこの絵を見に。

そしてついでのついでで良いので一杯やっていってください。

 

こちらと同じアーティストの作品はこちら


<Casie 定額制絵画レンタルサービス導入事例>

立ち飲みバルM3さん、お店のオープンおめでとうございます。

そして定額制絵画レンタルをご利用いただき、ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

M3さんのInstagramはこちら